被リンクの貼り方(はてなブックマーク)

被リンクの貼り方(はてなブックマーク)

被リンクとは?

被リンクとは、他のサイトや他のページからリンクを張ってもらうことを言います。

自分のWEBサイトに、他のサイトからリンクされることを「被リンク」または「バックリンク」と呼びます。

逆に、自分のWEBサイトから、他のサイトにリンクする事を「発リンク」と呼びます。

自分のWEBサイト内のページからページへのリンクすることを「内部リンク」と呼びます。

被リンクの重要性

2013年9月、検索エンジンのGoogleは「ハミングバード」というアップデートを実施しました。

アップデート以前は「SEO対策」には、被リンクがかなり重要視されていました。

しかし、これにより被リンクの効果はアップデート以前に比べて、その効果は薄くなったと言われています。

Googleがアップデートを行った理由としては、「被リンク」を重視しすぎて、あまり内容の無いページでも検索結果では上位となっていたからです。

これが「ユーザーのためにならない」と判断し、また不正に被リンクを増やす業者を一掃するために実施したようです。

「良いリンク」なのか「悪いリンク」なのかを、Googleが判断できるようになりましたので、良いリンクがついていた場合には、きちんと評価されます。

逆に作為的に沢山の関係ないサイトから、リンクが貼られたりした場合には、悪いリンク(スパムリンク)と判断され、サイト自体に「ペナルティ」がつけられます。

被リンクは正しく行いましょう。

はてなブックマークを利用して無料で被リンクを貼る方法

はてなブックマークというソーシャルブックマークを利用して、無料で被リンクが貼れる方法を説明します。

はてなブックマークは、Googleのページランクも高いサイトです。

被リンクを貼ると、ブログ記事の検索ランキング上昇に繋がります。

是非、はてなブックマークの被リンクを貼ってみましょう。

 

被リンク効果と検索ランキング

被リンク元のサイト(あなたのWEBサイトにリンクを貼ってくれるサイト)のページランクが高いほど、被リンク効果が大きいと言われています。

また、被リンク元の記事と、被リンク先(リンクが貼られたあなたのWEBサイト)の記事内容の関係性が高いほど、被リンク効果が大きくなります。

被リンクを貼る時には、被リンクをもらうサイトの記事のジャンルも確認していきましょう。

 

はてなブックマークへユーザー登録

はてなブックマークのサイトにアクセスし、右上にあるメニューの「ユーザー登録」をクリックします。

「ユーザーID」、「パスワード」、「メールアドレス」を入力します。

 

「ユーザーID」は任意でOK。

「そのユーザーIDは使用できません」というメッセージが表示された場合は、別の違うIDを入力。

すべての項目の入力が終わったら、「入力内容を確認」をクリックします。

入力内容確認画面に表示されますので、入力内容に間違いがなければ「登録する」をクリック。

登録完了のメールが届きます。

 

受信したメールのリンクをクリックすれば、ユーザー登録は完了です。

はてなブックマークからの無料被リンクの貼り方

はてなブックマークにログイン後、右上メニューの「追加・アプリ」をクリック

 

URL入力欄に、被リンクを貼りたいブログ記事のURLを入力して「次へ」をクリックします。

 

コメントやタグを入力して、「追加」をクリック

 

 被リンクを貼りたいブログ記事から設定

被リンクを貼りたいブログ記事を開き、ブログ記事に設置されている各ソーシャルメディアのボタンの中から、「はてなブックマーク」のボタンをクリックします。

セルフブックマークについて

セルフブックマークとは、自分のWEBサイトの記事を、はてなブックマーク等の自分のソーシャルブックマークに登録することです。

はてなブックマークは公式ホームページでは、「ご自身が運営するウェブサイトを自身のアカウントで、ブックマークする行為については、特に問題としておらず、表示制限措置や利用停止などの対象とはしておりません。」となっています。

ですので、自分で「はてなブックマーク」を追加しても問題はありません。

セルブックマークのスパム行為について

はてなブックマークは、「新着エントリーや人気エントリーへの掲載のために行われる不正な行為を「スパム行為」とし、表示制限措置や利用停止措置の対象としております。」としています。

「新着エントリー」や「人気エントリー」に掲載させるため、複数アカウントを作成して、自分のブログ記事を自分で複数のブックマークを登録する自演行為はスパム行為とみなされます。

絶対にしないように注意してください。

また「機械的な高頻度のブックマーク」についてもスパム行為とみなされます。

被リンクを貼るときは、スパム行為にならないように、十分注意してください。