魂の時代の学び「返報性の原理はビジネスの基本」

魂の時代の学び「返報性の原理はビジネスの基本」

インターネットで日頃よく目にしませんか?

自称成功者と言われる方々が、YouTubeなどで

「あなたも明日には100万円稼げます!」

「この教材を買えば、あなたも必ず稼げますよ!」などと

夢のようなビジネス情報を配信しているのを。

 

昭和時代のバブル期を経験し、努力と根性で生き抜いた

私達のような凝り固まった思考の持ち主には、

この方たちの情報が新しい夢への扉の様に見えたりします。

 

しかし、全員とは言いませんが、この手の配信をする方の中には

詐欺まがいの情報を配信している方も紛れ込んでいます。

目を引く派手なパフォーマンスや簡単に稼げる等の甘い儲け話には、

巧妙な罠が仕掛けられていることが多いので注意が必要です。

 

一方、私のメンターは独りネットビジネスの業界で、

15年以上経営を続けている本物の成功者です。

 

そのメンターは松田豊さんという方です。

松田さんは、前述のような派手で大げさな配信は一切致しません。

地味にコツコツ学びを積み重ねて、目立たずに密かに成功するための

マインドセットを教示してくださいます。

 

メンターの公式HPのリンクを貼っておきますのでご確認ください。

メンターの松田豊さんの公式ホームページはこちらです。

               ↓    ↓    ↓

松田豊の公式ホームページ

 

毎日配信されるメンターのメルマガは、

マインドセットに役立つ貴重な学びの宝庫です。

今回も私なりに学んだ内容を配信していきます。

この配信が皆様にもお役立ていただければ幸いです。

 

今回は「返報性の原理はビジネスの基本」についてです。

 

返報性の原理とは

返報性の原理とは(Wikipediaより引用)

 

返報性の原理(へんぽうせいのげんり)は、人間の持つ心理のひとつ。

概要

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。
この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。

至近な例では、試食がある。
試食は本来は、無料で食品を提供し、その味を客が確かめ、購買に値すると判断した場合に買ってもらうプロモーション戦略のひとつであるが、客は店員から直接食品を手渡されることによって、その味いかんにかかわらず商品を買わなければいけないという気持ちになることが多い。
但し、客が求めていない状況で積極的に試食や購入を促す場合は、「返報性の原理」よりは「一貫性の原理」が強く働くことになる。

また、高額商品を勧めて断られた後に、低額商品を勧めると客は断りにくくなる心理が生ずる。
これは、高額商品を売ることを諦めて低額商品に切り替えるという相手の譲歩に対して、こちらも譲歩しなければという心理が働く、返報性の原理による。

この心理を応用した交渉術を「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」(譲歩的依頼法)と呼ぶこともある。
こうした心理は、詐欺師やヤクザ、催眠商法にもしばしば利用される。

「ほしい物リストで届いた商品を自慢しに来ますたほしい物リストで届いた商品を自慢しに来ますた」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

あなたはこの「返報性の原理」をご存知でしたか?

普段ビジネスに携わっている方であれば、

ご存知の方もいるかも知れません。

 

説明されると、確かに納得できる原理です。

私の様に、ビジネスから離れてサラリーを貰っていると

日頃の生活の中では、正直この原理に意識は向いていませんでした。

メンターのように15年以上ビジネスのプロとして

事業を展開してきた方には、基本中の基本の原理のようです。

 

よく例えられる分かりやすい例をメンターから教えて頂きました。

募金がなかなか集まらない人の話です。

 

独りで募金箱を持って「募金おねがいしま〜す!」と

叫んでも誰も募金してくれませんでした。

そこで2人一組になって、募金箱を持っている人の前で

花を一輪配りました。

「募金活動」の画像検索結果

通行人は、花を受け取ります。

そのあと歩いていると、募金箱を持った人が現れます。

さっき花を配っていた人と同じ洋服を着ています。

 

すると通行人は次のように思うそうです。

「あ、あの花を配っている人は募金している人の仲間か」

「花を貰ったから100円くらいは募金しないと悪い気がするな〜」

そこで、通行人は募金箱に100円を入れます。

募金が成立します。

 

もう一つの例が、皆さんよくご存じの

ドモホルンリンクルという化粧品会社の無料お試しセットです。

最初に無料でお試しセットを送ります。

その無料お試しセットがかなり質が高く

無料なのに3000円くらいするものを送ってきます。

「ドモホルンリンクル無料お試しセット」の画像検索結果

それを試した人は、商品はもちろん良いのですが、

同時に何となく貰うだけでは悪い気がして

ドモホルンリンクルの商品を買い、セールスが成立するのです。

 

この原理を使って、ビジネスを上手に展開している

企業は沢山あるそうです。

購入者やお客様の心理をうまく使った方法です。

これからインターネットでビジネスを展開する場合に

この原理を基本的に理解しておくことは大変有効だと思います。

 

よくある無料で先に渡す手法は、

この返報性の原理を使ってるかも知れません。

よくメルマガで無料で

「優良級の情報をお伝えします。」などと

配信されているのを見かけますよね?

 

登録してメルマガを受け取り、何日か経った頃に

情報商材や塾への参加を呼びかけてきます。

「無料でもらうだけでは、なんか悪いなぁ」

そう思って、購入したりしていませんか?

 

ビジネスとして活用する側にならなくてはいけません。

理解して購入しているのであればよいのですが、

上手く心理を読まれて、この原理に支配されていませんか?

 

成功者からきちんと、地道に謙虚な気持ちで学べば

返報性の原理がどのように働いているのが理解出来ます。

そして、この原理で利用される側でなく、

この原理を使う側の人になっているのです。

サムズアップ部長