人生がうまくいく引き寄せの法則(著者 植西 聰)

人生がうまくいく引き寄せの法則(著者 植西 聰)

著者紹介

植西 聰(うえにし あきら)

東京都出身 著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の「成心学」理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
95年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。

 

あなたは、自分の身の回りに起きている出来事が、全て自分が引き寄せていると言われたらどう思われますか?

幸せな人が幸せなことが続き、不幸な人が不幸なことが続くのは、偶然ではありません。

磁石が沢山の砂の中から、砂鉄だけを引き寄せるように、あなた自身が、あなたに相応しい事柄を引き寄せているんです。

 

私達が沢山の幸せを引き寄せるためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

その為の具体的な方法が著書に書かれています。

 

心のエネルギーがその人の周りに起こる現象を引き寄せています。

その原理を理解すれば、生きる指針が定まり、引き寄せの方法も分かると書かれています。

 

そして、その方法はとてもシンプルなのです。

 

まず最初に、いいことを引き寄せるのは、特別な人ではないということ。

いいことは、誰にでも引き寄せられるということを知ってください。

 

日々の生活の中で、無意識に引き寄せをしているのです。

気が付いていないだけ。

 

引き寄せたい願いは、本当の願いじゃないと意味がない。

自分の願いだと思っていたことが、小さいころに親から言われたことだったり、

周囲に気を使って思っていることだったり、

心から望んでいない願望は、ストレスにしかならない。

 

自分で口に出してみて、心にスーッと浸み込む感覚、涙が溢れ出る感覚、そんな感覚があれば、それは本当の自分の望んでいること。

 

いいことを引き寄せるという事は、悪いことも引き寄せてしまいます。

マイナスの感情は。悪いことを引き寄せてしまう。

プラスの感情はいいことを引き寄せ、マイナスの感情は悪いことを引き寄せます。

無理だと思うと、無理になります。

 

今ある当たり前を、当たり前と思わないことです。

健康な身体。安心して住める家、給料をもらえる会社等、これらを「当たり前」と思っていませんか?

病気になって初めて分かる人がいます。健康な身体がいかに有り難いか。

家を失くして初めてわかる人がいます。仕事を失くして初めてわかる人がいます。

世の中に当たり前などないのです。

 

そう思えば、すべてに感謝ですよね。この感謝の気持ちがプラスのエネルギーを作り出します。

 

自分の心にうそをつかない。自分の心の声を無視してはいけません。

いつも周りに流されないで、自分らしい選択をしましょう。

 

自分を責めすぎ素、自分をほめてあげましょう。

他人の悩みを解決することは出来ません。他人のことは見守ってあげましょう。

 

逆境を乗り越えた人に学びましょう。

 

神様に身をゆだねましょう。

 

著書には、もっと細かく具体的な取り組み方が書かれています。

一貫して言えるのは、マイナスの感情を出来る限り増やさないようにして、プラスの感情を増やすことで、いいことを引き寄せるエネルギーが増えていくということです。

プラスの感情を増やすためには、毎日を気持ちよく、楽しく、自分らしく過ごすことがポイントになります。

 

でも日々の生活の中で、嫌なことも沢山起こってきます。その対処方法もきちんと書かれています。

プラスが増えないときは、マイナスを増やさないことが大切です。

嫌な感情を無理に抑えても、ストレスが増えるだけです。

 

更に詳しく知りたい人は、是非お読みください。