どの成功者にも共通している「引き寄せの法則」とは?

引き寄せの法則

引き寄せの法則とは

「引き寄せの法則」をご存知ですか?

70年程前に書かれた、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」

がブームとなり、現在も色々な方々が、自分なりの表現や味付け

をして毎年、誰かしらの引き寄せ関係著書が、出版されています。

一般的によく誤解をされるのが、何かを願えば、願ったものが

引き寄せられて、その願いが叶うということです。

願っただけで望みが叶うというものでないことは、良識ある大人で

あれば、理解出来ますよね?!

毎年誰かが、同じ様な著書を出版し、それが売れているいったいなぜ?

それは、多くの方が関心があるけれど、多くの方が、願いが叶っていない

ということです。

だから、毎年のように引き寄せ関連の著書が売れるのです。

ダイエット本が、いつも売れる原理と同じですね。

毎年チャレンジしては失敗し、またチャレンジする。

その繰り返しをしているのでしょう。

ダイエットもそうですが、いきなり30キロ痩せようとすると思うように

減らず、途中でキツクなって、諦めてしまいます。

まずは1キロ減を目指すんです。

引き寄せの法則も同じで、まず身の回りの小さな事から引き寄せを実感

すればいいんです。

小さな成功体験を積み重ねていくのが、ベストだと思います。

私は、この法則を使って最初に取り組んだのが禁煙でした。

30年間、何度も挑戦しては断念してしまい

身体に悪いと知りながら吸い続けていました。

引き寄せの法則で挑戦を決意して、何気にWEBサイトを検索していたら、

禁煙方法の中に「タバコを吸いながら読んでくださいw」

という変わったサイトが目に飛び込んできました。

読み進めるうちに、どんどん内容が腑に落ち始め、今まで、

「吸えない苦しみ」に耐えれなくて、止めれないと思っていた

喫煙が、実は「吸うこと」によって「その苦しみが長引いている」

だけという実にシンプルで、当たり前の事実に気が付きました。

吸わない人にしてみれば、当たり前のことです。

ヘビースモーカーの刷り込みは、相当なものなんですね。

おかげでスッカリ目が覚め、完全に喫煙に成功しています。

引き寄せの法則で、見事禁煙を達成しました。

いったいどうして?禁煙できた?意識していなかったことが、

意識されるようになって必要な情報が脳に入り込んでくるのですね。

 

物体には、エネルギーがあり振動しています。

これを波動といいますが、人間も物体なので波動があります。

波動をいい方向に向けていくと、テレビやラジオの周波数を合せれば

視聴できるのと同じように、波動が同じ波長のものを見せるのですね。

これを引き寄せたように感じるので、引き寄せの法則と言われているようです。

魔法や手品や宗教等ではありません。

 

科学的にも証明されている、間違いのない法則です。

この法則は間違いなく使えます。

ただし、信じる人だけでいいんですよ。

無理に信じてくださいって、話じゃありませんから。

感謝のパワーを体感しよう

感謝することって、ついつい忘れてしまいます。

身近な感謝ほど、人は当たり前と思い込み、

そこに感謝が生まれなくなってしまいます。

むしろ「何で感謝しなくちゃいけないんだ?」って怒ったりしていませんか?

私は結婚していた当時、家事の分業は当たり前だと思ってやっておりました。

しかし、心のどこかで、感謝で行うのではなく、

ビジネスの契約みたいな感情で、やっていたように思うのです。

「洗濯・掃除は僕がやるから、君は炊事を担当してね」と言うような具合です。

なので、相手がやらないと、不満に思ったりしていました。

自分の役割は、ちゃんと果たしているのに、相手が決めた事をやらないと、

これは「もう契約違反だ」と言わんばかりに、

文句を言ってしまってました。

これでは感謝など生まれませんし、

そもそも前提が完全に間違っていましたね。

 

感謝とは、そんな契約を結ぶようなものではなく、お互いが、

無償の愛で繋がり、相手に見返りを望まない行為によって、

もたらされるものですよね。

当時、それをお互いが、理解できていませんでした。

20年連れ添いましたが、当然ながら結果的には、離婚となりました。

思考した行動が、思い通りの現状を引き寄せた結果です。

恐らく感謝を忘れずに繋がり合っていれば、どんな状況になっても、

乗り越えられていたかも知れません。

 

私は、結婚には失敗してしましたが、離婚から学べることも多くありました。

いい経験が出来たと、考えるようにしています。

この失敗から学ぶため、私はいま「感謝の訓練」をしています。

私のメンターは「努力・根性などでは成功はありません」

とよく教示してくださいます。

 

自分の嫌なことを、無理矢理頑張っても続かないし、

一時的に、何かを手に入れても、必ずまた失敗すると言われます。

ですから、その教えを守りながら、努力根性をしない訓練を心掛けています。

「感謝の訓練」とは「どんなことにも感謝する」訓練です。

良いことだろうが、嫌なことだろうが、自分に起こること全て

に感謝することです。

かなり厳しい訓練のように、聞こえるかもしれませんが、

実際はゲーム感覚でやっております。

取りあえず、感情が先に来てもOKなんです。

「嫌だなぁ」とか「うれしいなぁ」思った瞬間真っ先に

「ありがとう」と思うだけでいいんです。

言葉に出せれば尚いいんですが、悪いことが起ったときに、

言葉に出すのは難しいので、あまり極端なことはやりません。

何でもかんでも「ありがとう」って言ってると、

周囲の人から「変人」と思われるかもしれませんね(笑)。

 

これを暫くやっていると、感謝の波動が出てきます。

波動は目には見えません、感じるものです。

そうすると、自然と「頑張らなくてもいいんだ」って意味も

何となくわかってきます。

逆に頑張るほど、逆効果なんだという事が、わかってきます。

 

何でもかんでも、やらなくちゃと思っていたことが、

ふっと気が抜けて、「天に任せておけばいいんだ」って

気持ちになってきます。

そうすると、かなり気持ちも落ち着いて、自然と感謝エネルギーが

満ちてきて、どんどん奇跡のエネルギーに近づいていけるんです。

 

この辺りは、言葉でお伝えするのが難しいですが、

感覚的に感じることが出来始めます。

今まで、難しくて出来なかったようなことが、

スッと自然と出来たりします。

本当に不思議な感覚です。

是非、皆さんも体感してみてください。

自分の思考クセ

良いことを引き寄せるためには、

良い気持ちで過ごすとが大事だと言われます。

いつもポジティブでいられれば良いのですが、

それが出来れば誰も苦労はしないですよね。

 

そもそも、今までネガティブに、物事を考えるような

思考クセがある人は、長年の生活で、

無意識に刷り込みされてしまっているので、

修正するには、ちょっと訓練が必要となります。

 

自分がどのように物事を考えるクセがあるのか?

を認識することが大切ですね。

良いことがあれば、気分がいいのは、誰もが当たり前なので、

何か「嫌だなぁ」と思うことがあった時は、

自分の思考クセをチェックするチャンスが来たと思ってください。

「自分が嫌な気持ちになった」と認識できたら、

意識しないでいたら、出してしまうような言葉も、

少し意識を変えるだけで、

随分違った言葉として発せられる様になると思います。

 

例えば、友人が待ち合わせの時間に、15分遅れて来たとしましょう。

いつもなら「遅いじゃないか、もう15分も待っているんだよ」

と言ってしまうところ、意識を変えて、

相手が遅れたことに焦点を合わせるのではなく、

なぜ遅れたんだろう?に意識を向ければ「大丈夫だった?

何かトラブルでもあったのかな?」と言えるかも知れません。

 

相手を責める言葉から、相手を心配する言葉に生まれ変わりますね。

直ぐに、意識できるようには、ならないと思いますが、

徐々に訓練を重ねることで、気持ちにゆとりが生まれます。

自分の思考クセを意識して思いやりのある精神と、

ゆとりのある心を持てるように共に鍛えて行きましょう。

意外な副産物

私が、引き寄せの法則を意識して、最初に始めたのが、

禁煙だったと事は、先程紹介しておりますが禁煙に

取り組むことで、後で気が付いたのですが、意外な副産物がありました。

それは何か?!ズバリ「ダイエット」成功です!え???

と思われる方も多いかもしれません。

普通よく耳にするのが、禁煙すると口が淋しくてガムを噛んだり、

飴を舐めたり、食事が美味しくなってついつい食べ過ぎて、

太ってしまったって、話をよく聞くからです。

 

でも私の場合は、当時身長171cmで体重82kg

お腹もぷっくり飛び出て、結構な肥満体系でした。

何で痩せたのか?その時は全然意識していなかったのですが、

禁煙をすることで、思考が勝手に健康的なことを

学習したんだと思います。

仕事がら、身体をあまり使わないのに、1日3食決まった時間に、

食事をとることが結構苦痛でした。

食べたい時に食べようと、昼食を抜きました。ただそれだけです。

でも、そんなにきつくもなかったです。

ちょっとお腹が減ったなと思ったら、チョコレートを

一粒舐めたりして、結構十分夕飯まで持ちました。

気が付いたら、半年後の健康診断で体重が64kgまで

落ちていたので、医師もびっくりして「大丈夫ですか?」

と聞いてきたほどでした。

いたって身体は健康そのものですし、

病気等で病院に行くこともありませんでした。

 

あとで、書籍などで知りましたが、断食したり食事を減らしたりして、

脳に空腹感を持たせることで危機回避のスイッチが入り、

免疫力が上がって健康に良いのだと、色々な方が論じているみたいです。

 

意識して取り組んだわけではありませんが、

腹が減ったら食べるといった、シンプルな思考でやった結果です。

禁煙を皮切りに始めた引き寄せの法則で、思いもよらぬ副産物がいただけました。

禁煙で健康を取り戻したうえに、体重も標準的になりました。

普通の人でも大丈夫

引き寄せの法則で成功している人って、何か人より優れた能力を

持っていたり環境が整っているんだと思っていませんか?

 

例えば、誰よりも忍耐強いとか、持続力があるとか、

財力を持っている、とか思われるかもしれません。

私も、はじめはそう思っていました。

成功者する人は、元々もって生まれた才能のような

特別なものがあると思っていました。

確かに生まれながらにして、お金持ちだったり、

恵まれた環境がある人達もいることは確かです。

 

しかし、どうも全部が全部そうではないようなのです。

色んな書籍を読んでいると、著者の皆さんも一般的な家庭で育ち、

特別才能があったわけではないようなのです。

しかも、色々経済的、家庭的にご苦労されている方が、少なくありません。

皆さん状況は様々ですが、

最初から順風満帆だったと言うわけではなさそうなんです。

 

ということは、誰もが皆この法則を実践するまでは、

普通に、どこにでもいる人達なんだとわかると、

自分にも実践出来そうな気分になって来ませんか?

 

私は脳が単細胞なので、そう思ってしまったんですね。

実はどうやら、この法則は、望もうが望ままいが、

勝手に働いてしまっている様なんです。

 

要は気付いているか?!気付いていなか?!だけの違いの様なんです。

誰にでも備わっている能力であって、

特別な人にしかないことではないんです。

だって、よくよく考えれば法則なんですもの。

 

法則とは 一定の条件下で、事物の間に成立する普遍的、必然的関係。

また、それを言い表したもの(goo国語辞典より)とあります。

私たちが生きている限り必ず働いているのが法則なんですね。

 

ただ、この法則が厄介なのは、善悪どちらにも働くということなんですね。

皆さん知らないうちに、小さなころから、

親や先生から「あれやっちゃダメ」とか「こうしなさい」

とか言われ続け、社会に出ても「頑張れ」「努力は裏切らない」

「競争に負けるな」等と言われ続けて、

殆どの人たちがそれを信じて、それが成功なんだと、

信じてやってきたんです。

そうしたら「自分には無理だ」「どうせ私なんかじゃ」

「あの人のせいで」「上司が悪くて」そんなこと言ってるうちに、

多くの人たちが、学校や会社に行けなくなったり、

虐められたり、病気になってしまったんです。

そういう結果を引き寄せてしまったんですね。

知らず知らずのうちに、不平や不満、不安の中で日々の生活を

送ってきたような気がしませんか?!

だから、私たちは、もう気が付かないといけないんです。

今まで長い間、多くの間違った価値観を、押し付けられていたんだと言うことに。

私たちは、生きる意味を見つめ直して、どうせ一度きりの

人生なんだから、良いことがいっぱい起こるような、

現実を引き寄せなければならないんです。

その小さな一歩を今ここから初めてみませんか?

無意識に使っている言葉(潜在意識)

引き寄せの法則に必要なことは、沢山ありますが、

大切な一つに、潜在意識の書き換えということがあります。

 

潜在意識とか波動とか聞くと「怪しいなぁ」と思われる方も

いるかも知れませんが、これは、信じる人だけが、信じればいいことです。

潜在意識は無意識の領域で、作用しているそうで、

心臓を動かしたり、呼吸をしたりする機能も、

この潜在意識によるものだそうです。

特に意識しなくても、勝手にやっていることは、潜在意識の領域なんですね。

 

さて、私たちは普段の生活の中で、潜在意識によって

あまり良くない言葉を、ついつい使ってしまっています。

決して、悪気があって言ってるのではありません。

無意識に発しているのです。

これは、長くにわたり育ってきた環境や教育などによって

そうなっているのだそうです。

 

逆に、元々成功しているような環境にいる方は、

無意識に良い言葉をしゃべっていることになります。

では、悪い言葉って。どんな言葉ですか?というと、

「失敗しないでね」とか「心配しないでね」とかです。

これは、一見思いやりのこもった、良い言葉に聞こえますが、

失敗心配というマイナスワードが含まれているんです。

これって結構、無意識に使っていませんか?

では、どう言い換えればいいか?次のようになります。

「失敗しないでね」⇒「成功してね」

「心配しないでね」⇒「大丈夫だからね」とか「安心してね」

同じ意味のことでも、表現が変わるだけで、プラス言葉に生まれ変わります。

実は潜在意識は、詳細を読み取れないのだそうです。

なので、無意識に発している言葉の意味を、失敗とか心配という、

単純なキーワードだけを拾ってしまってマイナスなイメージを、

脳に刷り込んでしまうらしいです。

 

意識して、マイナスイメージの表現にしないように言葉を選んで、

話す訓練を始めましょう。

 

無意識に良い言葉が、自然と出て来るようになれば、

潜在意識をプラス言葉の良い波動で書き換えが出来るという事になります。

相当長い間、生活のなかで刷り込みをされていますので、

1日2日で簡単に変わるのもではないですね。


あと、書き換わったからと言って、気を緩めると、また戻ってしまいます。

要は継続することが大切なんですね。何でもそうですね。継続は力なりです。

心配をなくす方法

私ぐらいの年齢になると、漠然とした不安が頭をよぎる方も

少なくないのではないでしょうか?!

私もつい最近まで、このように、いつも不安を抱えてました。

「定年まであと5年かぁ・・・貯えもないけど働き口はあるだろうか?」

「もし病気になったらどうしよう」

「大きな地震で家が倒壊するかもしれない」

「娘も年頃なんだけど浮いた話もなさそうだし」等々・・・

考え出したらきりがないですね。

以下、法則実践中の私の思考

「今日も不安が頭をよぎってくるな~~ハァ~」

「えっと、ちょっと待ってよ?引き寄せの法則って、

確か思ったことが現実化する法則だったよ~な?」

「・・・」

「チョット!チョット!マズイんじゃない?」

「こんなこと考えてたら本当に起っちゃうじゃないか!

思考は現実化しちゃうじゃないか!」

「ヨシッ!!それじゃ考えるのやめよう!」

「考えて心配するだけ損だし!」

「心配やーーめた!」

以上が心配をなくす方法です。

読者の方からブーイングが聞こえてきそうです(笑)

もう少し詳しく説明しますね。

私たちは、小さい頃から「今は我慢して頑張れば、

将来いい結果が得られる」と教えられてきました。

 

その植え付けられた考え方が、根っこにしつこく残っているんですね。

だから、「今はガマンガマン、でも将来はきっといいことあるんだ」

って思って過ごして来て、実際どうだったか?

私の場合やっぱりなかったです。

 

我慢して不満を抱えて将来を望んでいたんだから、当たり前ですよね。

我慢した先に、いい結果があるとは、限らないということです。

この法則では、いま思っていること、いま行動していることが、

将来の自分の姿として、現実化するのです。

 

過去も未来も、存在しているようで、実は存在はしていません。

過去は過ぎ去ったものですし、

未来は、今の延長線上にあるだけのものであって、

実際にあるのは、今という時間だけなんですね。

 

ですから、今という時間を、どう過ごすか?が重要であって、

その今を「不安」な気持ちで過ごしていたら、

今の延長戦上にある「不安な未来」が引き寄せられて

現実化してしまう可能性が、高くなってしまうのです。

 

逆に言えば、今と言う時間に「幸せ」を感じていれば

「幸せな未来」が引き寄せられるというわけです。

気を付けないといけないのは、

「幸せな未来を希望」しているということは良いことを

引き寄せしようとしているようで、

実は「今は不幸なんだ」と心の声は

言っていることにもなりかねません。

 

このあたりが非常に間違えやすく、この法則のややこしいところなんですね。

ですから、今もう既に「幸せで一杯」なんだって、

思っていないといけないんです。

実際、どんな状況であっても、今を生きていることは、

本当はとても幸せなことなんですね。

「朝目が覚めて幸せ」

「息が出来て幸せ」

「家族がいて幸せ」

「ご飯が食べれて幸せ」

「家がある、仕事がある、日本に住んでる」

「水道水が飲める」

「・・・ets」

「幸せだなぁ~」

私たちの暮らしを見渡せば、感謝できることばかり、

ごくごく当たり前の中に、感謝は一杯詰まっているんですね。

だから、毎日感謝で過ごしていれば、

不安なんか考えてる暇もなくなるんですよ。

分かった様なことを言ってますが、

以前の私も「不安で不安で」毎日気持ちが落ち込んでモヤモヤの連続でした。

とにかく、この不安から脱したい。

平穏な気持ちで、毎日を過ごしたい。

 

そこで法則を実践していくうちに、

日々を感謝で過ごすようになってからは、

どうせ、今を生きることしかできないんなら、

不安なこと考えても仕方ないって、

気持ちも吹っ切れるようになってきました。

まだまだ実践修行の身ですので、気持ちの浮き沈みもありますが、

確実に気持ちは上向きになってきました。

落とし穴

引き寄せの法則を実践する上で、実は知らないうちに、

間違ったやり方をしていることがよくあります。

これは、私も始めたころに、よく何度も落ちていた「落とし穴」なんですね。

その落とし穴とは一体なに?!

自分の希望するもの、例えば、お金がよく一般的に例にあげられますが、

では、お金を希望したとして「お金が欲しい」と願って行動したとします。

そうしたら、そのままの現状が叶ってしまうのです。

どういうことか?分かりますか?

つまり「お金が実際に手に入る」のでなく

「お金が欲しい」とう状況が手に入ってしまうのです。

まさに願った通りのことが、現実化されていくのです。

 

この間違いをよくやってしまって、

引き寄せなんて起こらないと思われる方や途中で

断念される方が多くいらっしゃるらしいです。

ちょっとした勘違いから来ているんですが、実に勿体ないですね。

 

では、どう願い行動すればいいのか?

それには、もうすでに欲しい物は、

手に入っている様に振る舞うことが重要らしいです。

 

実際に持ってない物を、ある様に振る舞うのは、難しいと思いますよね?!

その時は、目に見えないことや日々の暮らしの中で、

当たり前のように受けている恩恵に感謝することで、

この手にしている気持ちを実感するのです。

 

その感謝で、コツコツ積み上げていく先に、

望んだ現実が自然と引き寄せられてくるのです。

自然の営み、恵みに目を向けることも、生きていくうえで、

とても大切なことなのかもしれません。

 

急ぎ足で日々の生活を送っていると、ついつい忘れがちになりますが、

ちょっと足を止めて、足元に咲いている草花に目を向けてみませんか?

あなたに素敵な気付きが起るかもしれません。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です