いつの時代も地味にコツコツ積み上げた努力が最強である

いつの時代も地味にコツコツ積み上げた努力が最強である

 

私がインターネットを始めたころ

私が初めてインターネットを知ったのは、かれこれ20年以上も前のことになります。

当時は電話回線を利用していましたし、パソコンの機能もかなり精度が落ちますので、よくフリーズしたりしていました。

当時は、それでも画期的なものであったように思います。

この時代インターネットの使用者は、圧倒的に個人ではなく企業でした。

会社のツールとして文書や計算、メールなどの連絡が主でしたが、その後、事務処理の簡素化、業務のシステム化が一気に進みだしました。

気が付けばインターネットが爆発的に伸び始め、どんどん進化を遂げてきました。

今では各家庭にパソコンがあるのが普通になっています。

そして、現在はタブレットやスマホが主流となり、個人がいつでも多くの情報に触れることが出来る時代となりました。

ネット社会の成長は著しいが人の成長は?

対して人間はどれだけ進化したでしょうか?

20世紀は戦争の時代でした。

戦い奪い合う事で正義を示してきました。

しかし、戦争という安易な手段が、如何に非合理的なものかを学んだ人類は、次の21世紀に起こしたのが経済という戦略です。

経済を利用して国を大きくする方が、何倍も効率が良いことを学んだのです。

手段こそ変わりましたが、科学技術が進歩しても、私達人間の思考はどうやらあまり大きな変化をしていないようです。

ネット社会にはびこる偽成功者

それを思わせるのが、ネット上に数多く配信される質の低い情報です。

今では必要以上に見ないことにしていますが、youtubeの動画配信や商材販売サイトに上がる明らかに誇大な広告、宣伝が溢れかえっています。

その情報にどれだけの価値があるかは分かりませんが、一時期あまりにも身勝手で見苦しいユーチューバーと言われる方の配信が、問題に上がったりもしていました。

恐らく彼らはネット媒体を使って、荒稼ぎをしたいと思っているのではと想像します。

中にはきちんと戦略を立てて配信されている方もいっらしゃいますが、

多くの低質な情報に埋もれてしまっています。

継続はいつの時代も最強の成功力

確かにネット上には、一挙に巨万の富を生み出せるチャンスが転がっているのかもしれません。

しかし、それが叶ったとしても、果たして正しい成功と言えるのでしょうか?一時期上手く行っても、直ぐに消えてしまうような気がしてなりません。

1年以上更新されていない、動画の主が虚しく語り掛ける、配信の残骸を見かけたことはありませんか?

私が言いたいのは、たとえネット上だとしても、一番最強と思われる人は、地味にコツコツと配信を継続している人だという事です。

最後の最後に残るのは、こういった地味に目立たない人。

でも確実に継続を積み上げて生き残っている人が、真の成功者と言えると思います。

私はこうした人の情報を信じます。

そして自分もそのように進んでいきます。

確かに、動画などはオモシロおかしく配信されているのを見ると楽しいです。

笑う事で人を幸せに出来る人は、きっと自身も笑う事で幸せになれると思います。

笑いは人を幸せにする貴重な手段です。

ですが、その笑いにも本物と偽物があります。

人を馬鹿にしたり、暴言や暴力によるものであったりしてはいけません。

情報過多の時代をどう生きていく

情報がこれだけ多く出回ると、私達はどれが本物の情報なのか判断が出来なくなります。

私はもう何年もTVメディアを見ていません。

最低限天気予報とニュースぐらいです。

いわゆる報道やバラエティ―に関しては、一切情報をシャットアウトしています。

生活には何も支障がありません。

ネットも同じだと思います。

今は自分の方向性を決めたので、必要以上の情報を吸収しない様にしいます。

堀江貴文さんなどは、いつも情報を色んなところから取り入れています。

堀江さんには指針や目的があり、集めたデータをきちんと処理できる能力がありますから、情報を一気にインストール出来るのです。

方向性の定まってない人が、同じようなことをすると、忽ち脳がフリーズしてしまいます。そして必要な情報はラスを通らずに、間違った情報を取り込んでしまって、間違った方向へ進んでしまうのです。

情報過多の時代には、それなりにきちんと情報処理する能力も必要です。

それが出来ないうちは、あえてTVと同じように、ネットからの情報も限られたものに絞ることも大切です。

そうでないと情報弱者は、ネット上にいる詐欺師のいい鴨になってしまうのです。

ネット上には本当に色んな人が情報を流しています。

情報に惑わされないためにも、コツコツと地味に自分の内面を磨く作業が重要になってきます。

学を継続してマインドセットを鍛える。

これがこれからの時代、最強の武器になるのです。