人生で一番チャレンジした日

人生で一番チャレンジした日

あなたは人生で一番チャレンジした日を覚えてますか?

自分の意志の力ではなく、内なる秘めた力で成し遂げた

人生で一番頑張った日。

もう記憶にありません。

それは赤ちゃんの時。

何度転んでも立ち上がって初めて歩いた日。

来る日も来る日も立ち上がっては転んで

また立ち上がっては、転んでの繰り返し。

あれだけ頑張ったのに、すっかり忘れてしまいました。

頑張っていたはずなのに、頑張った記憶はない。

もしかしたら、潜在意識が働くっていうのは、このことなのかも知れません。

頑張っているのに、頑張っている自覚がない。

誰かに言われたわけじゃない。

早く立ち上がって、

早く歩いて、

早く喋って、

誰にも言われないのに、勝手に出来るようになっていた。

 

大きくなるにつれて、色んなことを教えられて来た。

人生を成功させるために教えられたはずのことが、やればやるほど上手く行かない。

どんなに頑張っても苦しくなるだけで、どんなに歯を食いしばっても豊かになれない。

何かがおかしい。自分の努力が足りないの?

でも明らかに努力してなさそうな人が、あんなに豊かに暮らしている。

なんでなんだろう?

努力は人を裏切らない。

根性で乗り切れる。

もっと頑張れ。もっと頑張れ。もっと・・・もっと・・・

気が付いたら病院のベットで横たわっていたよ。

気が付いたら何もかも失くしていたよ。

 

でも僕は生まれ変わった。

また生まれたての赤ちゃんになった。

あの時のようにもう一度、何度転んでも起き上がればいいんだ。

誰に言われるのでもなく。

ただ直向きに同じことを何度も何度も繰り返す。