魂の時代の学び「欲望を捨てれば自由になれる」

魂の時代の学び「欲望を捨てれば自由になれる」

 

仏教の教えを配信する理由とは

私達を取り巻く環境が、

俄かに騒がしくなってきたように感じます。

民衆はSNSを盛んに取り入れ、承認欲求を満たそうとします。

数十年前には想像もしなかった生活が

普通に営まれています。

「SNS」の画像検索結果

このような時代に、自分自身を見失わないためにも

古の教えを上手く活用すべきと私は考えます。

このブログも、これから迎えようとしている

「個の時代」をどのように生きるかをテーマにしています。

そのテーマを考えるとき、仏教などの教えは

非常に役に立つ考え方だと思います。

 

私は熱心な仏教徒ではありません。

しかし、かなり大事な考え方が

この仏教にはあると思いますので

配信させていただきます。

「仏教の教え」の画像検索結果

唯我独尊(ゆいがどくそん)

釈迦は今から2600年ほど前に、

インドの釈迦国の王子として生まれました。

生れてすぐに七歩歩き、

天地を指さして「天上天下、唯我独尊」

(天が上、天が下、我に優る聖者なし)

と宣言されたと伝えられます。

「釈迦 唯我独尊」の画像検索結果

もちろんフィクションです。

後に釈迦が仏教を説かれる仏陀になることを

暗示するための伝説です。

 

「天上天下、唯我独尊」

(天が上、天が下、我に優る聖者なし)

と聞くと、一見「私が一番優れている」と

捉えがちですが、それは違います。

釈迦の教えが俗性を超越した存在であり教えである。

と言う意味で言われているのです。

 

私達は欲望が渦巻く世界に住んでいます。

その欲望に支配され、いくら欲望を満たしても

欲望が解消されることはありません。

欲望を満たそうとすれば、するほど

人は益々貪欲になっていきます。

「拝金主義」の画像検索結果

根本的にこの問題に向かい合うとき

私達はこの俗世を一旦否定しなければいけません。

どういう意味かと言いますと、

一旦「小欲」という形で、欲望を否定するという事です。

 

これが出来て初めて、

私達は欲望の奴隷から解放され

自由になれるのです。

 

これが釈迦の教え「仏教」なのです。