オススメ書籍 心理学・哲学

気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!著者 植西 聰

投稿日:

 


著者紹介

植西 聰(うえにし あきら)

東京都出身。著述家。心理カウンセラー。産業カウンセラー(労働大臣認定)。
1982年ウィーグル研究所を設立。2001年米国イオンド大学より、心理学博士の名誉称号を授与される。「知客職」(僧侶)の称号を持つ。
現在「心理学」「成功哲学」などの研究に従事し、人々に喜びと元気を与えている。
著書に『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』
『「いいこと」がいっぱい起こる!自分を磨く100の習慣』
『みるみる運がよくなる本スペシャル』他


 

汚れた水がいっぱい入っているバケツの中に、

綺麗な水を少し足しても、水は直ぐには綺麗にはなりません。

新鮮なジュースも、飲み残しが入ったままの

汚れたグラスで飲んでも、美味しくありません。

 

バケツの水にしても、ジュースにしても

一度汚れたものを出して、綺麗にしてから

注いだ方が早くきれいになります。

 

人の心を同じなのです。

「幸せになりたい。毎日を充実した楽しい日にしたい。」

そう願って、良い情報やスキルを取り入れても、

過去への後悔や未練、憎しみや悲しみといった気持ちで

心がいっぱいになっていると、

なかなか直ぐには、幸せな気分にはなれません。

マイナス感情に捕らわれてしまうからです。

 

出せば自然に入ってくる。これが自然の摂理です。

毎日を楽しく暮らすためには、

マイナス感情を吐き出さなければなりません。

 

ここで、プラス感情とマイナス感情とは

どういうものかを「喜怒哀楽」で説明します。

プラス感情とは、喜び楽しさで、

自然と笑顔が溢れる感情です。

マイナス感情は、怒り哀しみで、

イライラしたり、ムカついたり、後悔したり、

自分自身を責めたりする感情です。

 

これらの感情は、生まれては

直ぐに消えるように感じますが

実は、少しづつ蓄積されていく性質があります。

 

そして蓄積された感情は、磁石のように

感情にふさわしい出来事を引き寄せて行きます。

つまり、プラス感情が多い人には、プラスな出来事が、

マイナス感情が多い人には、マイナスな出来事が

引き寄せられてしまうのです。

 

ですから、出来るだけ早くに

マイナス感情を吐き出し、

心の中にプラス感情を蓄積するように

変えていかなければいけません。

 

ハッピーな未来を呼び込むために

やるべきヒントが沢山書かれている本です。

 

仕事や人間関係で疲れている方には

自分で出来る心理セラピーですので

毎日少しづつ、実践してみると

気分転換になりますよ。

 

是非一度読んでみてください。

-オススメ書籍, 心理学・哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)2

目次1 東西南北から山が迫る2 苦しみの質が変わるだけ3 苦とは嫌だと思う事4 苦から苦への引っ越し5 苦の発見者が苦を乗り越える 東西南北から山が迫る 人生は東西南北から、 灼熱の溶岩を噴き上げる …

魂の時代の学び「トランスパーソナル心理学・フランクル心理学」より

目次1 トランスパーソナル心理学2 フランクル心理学3 罰への欲求 トランスパーソナル心理学 トランスパーソナル心理学をご存知でしょうか? 私自身、心理学自体を深く学んだことがありません。 ユングとか …

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)4

  目次1 すぐれた道とは2 それぞれが自分の力を出しきる3 「かぶりもの」をさがし求める4 「かぶりもの」を入れ替える5 捨てる6 何も知らないまま死ぬはめに すぐれた道とは 勝ち負けを争 …

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)3

  目次1 苦しみが消えるとき2 もしも楽だけがあったら3 大喜びは長続きしない4 何を得た、何を成し遂げた 苦しみが消えるとき 今まであった苦しみが、さっと消える瞬間 「気分がいい」と感じ …

「いい人」をやめれば人生はうまくいく 著者 午堂登紀雄

  「いい人」でいることに疲れていませんか? ◆人から嫌われるのが怖い ◆つい「愛想笑い」をしてしまう ◆一人でランチができない ◆飲み会やお茶の誘いを断れない ◆異性に尽くすのが好き &n …

カテゴリー

最近のコメント