心理学・哲学 自己啓発

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)3

投稿日:

 

苦しみが消えるとき

今まであった苦しみが、さっと消える瞬間

「気分がいい」と感じます。

 

立っていて疲れた人が

座った瞬間に楽しみを感じる。

立っているという苦しみが消えた瞬間

楽しみを感じるのです。

 

お腹がすいた人は、一口目がとても美味しい。

口にした瞬間、空腹の苦が消えるからです。

 

苦しみは、原因が消えれば、瞬時に消えるのです。

苦が消えることが、すなわち楽であり、

幸福感の正体です。

 

もしも楽だけがあったら

一口食べると幸福、二口目も幸福、

十口目も幸福なら、お腹が裂けるまで食べ続けます。

死ぬまで止まらないでしょう。

 

一口食べて幸福を感じるのは、

強烈な空腹が減ったからです。

 

二口目は、それほど幸福感はありません。

空腹の苦が小さくなっているからです。

 

十口目になると、空腹の苦はありません。

 

今度は満腹の苦が生まれます。

それで食べるのをやめるのです。

 

もしも生きることに楽しか感じなかったら、

人生はすぐにゲームオーバーです。

 

大喜びは長続きしない

それなりに不幸でないと、喜びはありません。

お金が無くて、食べ物が無い、

住むところもない人が、

5千円もらったら、大喜びです。

しかし、大金持ちの人は、

何も喜びを感じません。

 

歩けなかった人が、

歩けるようになったら大喜びです。

健康な人は、どうってことないでしょう。

 

大喜びは、長く続かず一瞬で終わります。

そして、また次の喜びを求めます。

 

人は幸せを嫌がるのです。

幸せは退屈で、たまらないし、

大喜びが訪れないからです。

 

何を得た、何を成し遂げた

しっかり頑張って、あらゆることに挑戦し、

成功して大きな会社の社長になったとしても

奴隷のように働いただけなのです。

 

株式会社になればなったで、自分の手から離れていく。

会社が大きくなっても、

年を取れば、自然と自分の手から離れていく。

 

そして、死を迎えるとき

自分が何も手にしていないと気づくと

人は悔しいのです。

 

実のところ「何を得た」「何かを成し遂げた」

「どういった評価があるか」などは、

自分の幸せとは関係ないのです。

 

大切なことは、その都度その都度

やるべきことを

しっかりやることなのです。

-心理学・哲学, 自己啓発

執筆者:


コメントを残す

関連記事

魂の時代の学び「メンターである松田豊さんの配信を受けて思うこと」

  私がメンターとしている方は、 独りビジネスで成功を納め、13年以上会社を運営し マインドセットに特化した教材と配信をされている 松田豊さんという方です。 松田豊の公式ホームページ &nb …

人生で一番チャレンジした日

あなたは人生で一番チャレンジした日を覚えてますか? 自分の意志の力ではなく、内なる秘めた力で成し遂げた 人生で一番頑張った日。 もう記憶にありません。 それは赤ちゃんの時。 何度転んでも立ち上がって初 …

譲歩的依頼法という心理テクニックに惑わされないために

geralt / Pixabay 時代は今「心の時代」へと移行しています。 心豊な人が輝ける「魂の時代」と呼ばれる時代です。 心の豊かな時代を迎えるために、私はマインドセットを核とした松田豊さんの教材 …

魂の時代の学び「心が幸せになる偉人の言葉」

  誇り高いことは、高貴な情熱であり、自分の欠点にも気が付ける。 それに気が付かないとしたら高慢である。 (ドイツの物理学者 G・リヒテンベルク)   プライドだけは高い人・・・そ …

まずは独りビジネスを極めてみる

NeuPaddy / Pixabay 目次1 まずは一匹狼を極める2 心豊かな「魂の時代」へ2.1 松田豊さんの教材リスト2.1.1 教材リスト2.1.2 教材リスト(自己啓発・特殊教材)2.2 関連 …

石川 勉

石川 勉

生れも育ちも四国は愛媛です。 50歳を過ぎて事業の失敗・借金・うつ病・離婚と人生のどん底を経験しました。 再起をかけて精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →