自己啓発

魂の時代の学び「日々の暮らしに感謝を見つけよう」

投稿日:

 

私が住んでいるところは、かなり田舎です。

たぶんあなたが想像している以上に田舎です。

 

便利なものはありません。

買い物もコンビニやスーパー等は車で30分以上かかる所まで行ってます。

道路は狭いし、冬には雪が積もって、道路は凍って走りにくいです。

人も少ないので、学校も企業も病院も最小限しかありません。

ところどころ、携帯の電波が届きません。

でも、便利な都会に無いものも沢山あります。

自然な山の水が飲めます。

たらふく飲めます。美味しい空気が吸えます。お腹いっぱい吸えます。

緑豊かな自然があります。心ゆくまで眺めていられます。

温かい人がいます。少々お節介だけど。

夜空に満天の星が輝きます。心が癒されます。

神様から頂けるものは、全部無償で見返りは無いんです。

ぜんぶ愛なんです。

 

田舎暮らしは、都会から見ればとにかく不便かもしれません。

また、田舎は公共事業の費用対効果面から見た場合かなり効率が悪く、道路を作ったりするインフラ整備は、税金の無駄使いと言われる側面もあります。

納税者の皆様には、大変ご負担をお掛けして申し訳ありませんが、私はこの暮らしが大変気に入ってます。

私は、人が多くて何かと便利で、センスも良くてカッコイイ都会が全然悪いとは思いません。

むしろ大好きです。

上場企業や最先端を行くベンチャー企業などは、とても洗礼された都会のイメージがあります。

 

対して、一次産業や個人商店などのスモールビジネスは、田舎的なイメージでしょうか?!(これは、あくまで主観です。お気を悪くされたら御免なさい。)

働き方も色々あっていいと思います。

会社じゃなくても、組織に属さなくても、独りでコツコツやる事でも、どんな格好でも、みんなそれぞれ価値があります。

 

私たちが乗ってきた日本丸

沢山いい思いをさせてもらいながら楽しい旅を続けてきました。

でも長い船旅で船員さんの多くも高齢になりました。

若い船員さん達に、かなりの負担が掛かりますね。

日本丸が進むスピードも随分遅くなりました。

 

このままいくと、前に進めなくなって、大海原で迷子になるかも知れません。

嵐に呑まれて、沈没するかもしれません。

海は一段と荒れ狂っています。

 

頑張って、努力と根性で、夜もろくに寝ないで、社会に押しつぶされそうになりながら船を進め続けて来ました。

疲れましたよね?

ちょっと休憩しませんか?

田舎へ行って、ゆったりと時間を忘れて、時の流れに身を任せてみませんか?

ひょっとしたら、ジタバタしないほうが、うまく波に乗れるかもしれませんよ。

 

これまで多くの人達が、世のため、人のため、色んな商品やサービスを開発し、そして大きく成長してきました。

その根源も愛です。

 

だけど、いつも競争、いつも競合、いつだって戦い、何か大切なものを随分すり減らしてきたんじゃないか?と思います。

高収入・イケメン・高級車・高級ブランド・・・物の時代が終わりを迎えました。

これからは、愛をもって人に接し、愛をもって仕事をして、愛をもって人生を歩んでいく。

こんな人が、カッコイイ時代です。

 

色んなものが、駆け足で進んでいく、「後れちゃダメだ」と頑張ることも大切です。

でも、いつも愛を忘れちゃいけませんね。

情報化が進み、とにかく便利になりました。

変革激しいこんな時代にこそ、常に学びが大切です。

これからは、精神をちゃんと整えておかないと、時代の流れに翻弄されて、また大切なものを失くしてしまいます。

周りが変われば変わるほど、内面はしっかり本質を見極めることが出来るよう、日々学びを深めなくてはなりません。

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)3

  目次1 苦しみが消えるとき2 もしも楽だけがあったら3 大喜びは長続きしない4 何を得た、何を成し遂げた 苦しみが消えるとき 今まであった苦しみが、さっと消える瞬間 「気分がいい」と感じ …

リアル「もののけ姫」の世界観が私達に教えるものとは

皆さん「もののけ姫」というアニメ映画を見たことがありますか? スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品で、監督は有名な宮崎駿さんです。 平成9年7月12日公開された映画で、構想に16年、制作に3 …

魂の時代の学び「時代の変化が急加速、対応しきれない中高年へ」

  人生をよく旅に例えます。 あなたは旅をして、 楽しかったこと、 辛かったこと、 記憶としてどちらが残っていますか? 軽いトラブルになったときの事って、 それがいい思い出になったりしていま …

師の教えを「盗む」とは?

「盗む」「パクる」とは、正に盗むと言う意味です。人の物を盗むと犯罪です。当たり前ですね。 例えばAさんが持っていない物で、懐中時計があったとします。実は友達のBさんが、Aさんの欲しい懐中時計を持ってい …

魂の時代の学び「その不安が更なる不安を生み出している」

  目次1 最初の不安は何?2 不安が不安を増幅する3 不安が生み出すもの 最初の不安は何? あなたには不安はありますか? 誰しも大なり小なり、不安はありますよね。   不安の中で …

カテゴリー

最近のコメント