ネットビジネス

売れる商材の探し方について

投稿日:

 

ネットビジネスを始めるときに、

始めやすいビジネスモデルにアフィリエイトがあります。

アフィリエイトでどんな商材を販売するか?

どんな商材が売れるのか?

私のような初心者には、そのあたりが全然見当もつきません。

「疑問」の画像検索結果

実際に商材を作っている方は、

どのような思いで作っているのかを知ることから探ってみました。

今回は情報商材に的を絞ったお話になりますが、

応用次第では物販アフィリエイトなどにも使えると思います。

 

しかし、数年前の内容ですので、時代の変化が激しい今では

実情に即わない部分もあるかも知れまんがご了承願います。

「お辞儀」の画像検索結果

制作者は情報商材をどのような思いで作っているのか?

まずネットビジネスの情報起業と言うと、

「ドンドン売れる商材のみ作りましょう!」

「売れない商材や売りにくい商材は作るだけ無駄です!」

というのが一般的な考え方です。

 

確かに、限られた時間を有効に使うためには、

わざわざ売れない商材情報を集めたりして、

その商材を作るのに時間を割くのは無駄だと言えます。

 

しかし、ちょっと少し考えてみましょう。

確かに売れない商品を作るのは無駄ですが、

果たしてドンドン売れる情報をそんなに沢山集めることが出来るか?

そして売れる商材をそんなに沢山作り出せるか?

「お辞儀」の画像検索結果初めからあまり売れないかもしれないことを

意識し過ぎないことが大事だそうです。

 

これは売れないだろうと考えすぎて、

結局何も出来ずに終わってしまうことも結構多いのが事実の様です。

情報起業を目指す人のなかで、実際に商材とサイトを作って

販売までやったことのある人は、全体の5%にも満たないそうです。

ビジネスを始めようと決意しても、実に95%以上の方は、

販売すらしていないのが実情のようです。

 

何でもそうですが、初めの1個を作るのは大変です。

しかし、1つ経験を積めば、あとの2個目・3個目と回数を重ねるごとに、

コツと要領が掴め断然楽に作っていけるのです。

つまり作れば作るほど、売れる確率は当然高くなってくるので、

可能性はドンドン広がってくるそうです。

失敗を恐れずにまず1個作って販売する経験を積むことが大切です。

「経験を積む」の画像検索結果

これは私が実際に数年前に購入した情報商材を作成した人が説明していたお話です。

情報起業で月に100万円以上稼いでいる、

いわゆる成功者と言われている情報起業家の半数以上は、

最初の商材は全くと言っていいほど売れていないのが事実です。

しかし、そこで諦めずに2個目・3個目と作っていきながら実績を作って成功しています。

ですから、最初にお話ししたように、あまり売れることだけを意識し過ぎて、

何も出来ないでいると、最初の1個の商材さえも販売すら出来ないので、

まず成功はあり得ないのです。

 

ドンドン売れる商材の見つけ方について

売れる商材の特徴

ドンドン売れる商材は、特に何もしなくても売れる

売れない商材は、トップセールスマンでも売りにくい。

「トップセールスマン」の画像検索結果

情報商材は、会社と違って決まった商品を売るわけではないので、

出来れば売りやすい商材を作る方が徳だそうです。

商材には経費も乗るので、出来るだけ売りやすい商材でないと、

売りにくい商材はそれだけ利益も減ってしますのです。

 

ポイントは自分が作った商材を、

お金を出してでも欲しいと思ってもらえるかどうか?です。

この人数があなたの商材の売り上げを決定します。

その商材を欲しい人の悩みが深ければ深いほど、

そして、その緊急度が高ければ高いほどドンドン売れることになります。

悩みの深さとは「髪型をもう少し変えたい」と言う人よりも

「ハゲた頭を何とかしたい」と思う人のほうが悩みが深いと言うことです。

ですから「あなたに似合う髪型集」よりも

「抜け毛を100%なくす方法」のほうがドンドン売れるという事です。

「「抜け毛を100%なくす方法」の画像検索結果

緊急度というのは、

どれだけあなたの商材を早く手に入れたいと思うか?

という事です。

これが意外と重要で、悩みが深くても緊急度が低いと全く売れていきません。

例えば、お金の緊急度でも「アパートの敷金を回収する方法」などは、

緊急度からいくとそんなに高くないので、爆発的に売れるとは考えにくいのです。

 

売れる商材か?売れない商材か?を見極める判断基準として、

次のサイトを基準にするとよいでしょう。

 

インフォトップ

http://www.infotop.jp/インフォトップ

 

売上ランキングをクリックしてください。

 

すると、売れている順から順番に出てきます。

ランキングで1位になるために、皆さん頑張っていらっしゃいます。

ちなみにランキングで10位以内に入ろうと思うと

月商で100万円程度は必要だそうです。

1位になろうと思うと月商500万円以上必要になるそうです。

かなりレベルが高いですよね。

「月500万円」の画像検索結果

全部見ていくとランキング100位まで見ることが出来ます。

そこで、未開発分野もありますので一概には言えませんが、

このランキングを見ていると売れる商材には、一定の法則があるのです。

売れる商材には一定の共通するテーマがあるのです。

 

ドンドン売れる商材は、大きく分けると

ほぼ100%次の3つのカテゴリーに分別出来ます。

「必ず売れるネタの法則」です。

 

●お金を稼ぐことについてのノウハウ

●能力開発に関するノウハウ

●コンプレックスを解決するノウハウ

 

では、次に具体的に見ていきましょう。

●お金を稼ぐことについてのノウハウ

・競馬で稼ぐノウハウ
・パチンコで稼ぐノウハウ
・ネットビジネスで稼ぐノウハウ
・投資・株式・FX・仮想通貨で稼ぐノウハウ

●能力開発に関するノウハウ

・英語のTOEICで高得点を取るノウハウ
・ゴルフの上達方法
・営業スキルのノウハウ
・資格取得のノウハウ

●コンプレックスを解決するノウハウ

・ハゲ防止のノウハウ
・借金返済ノウハウ
・ダイエットのノウハウ
・交際相手探しのノウハウ
・不倫のノウハウ

 

以上のなかでも、最も爆発的のあるカテゴリーは

お金を稼ぐことについての分野です。

是非一度、インフォトップのランキングを参照してみて、

参考にしてみてください。

必ずと言っていいほど、

3つの法則に当てはまっていると思います。

 

売れる商材をつくるためには、

こうした情報商材を見ながら、

売れ筋を確認していく情報収集も非常に有効な手段です。

他にも、いろいろなサイトがありますので、

参考してみると良いでしょう。

「ネット販売」の画像検索結果

まとめ

今回は情報商材を実際に制作している方が

どのような考え方で商材を選び制作しているかをご説明しました。

こうした内容を参考に自分のサイトなどで

商材をアフィリエイトしてみるのも

いろいろ勉強になると思います。

「アフィリエイト」の画像検索結果

但し、売れる商材というのは、多くの方が参戦しています。

つまりライバルも多いという事になります。

ライバルが多いという事は、必然的に競争しなければならなくなります。

つまり、根性努力で常に頑張り続けなければなりません。

 

売れる商材をアフィリエイトすることは、確かに大切な要素ですが、

それだけにライバルが多いという事も、知っておきましょう。

「ライバルとの競争」の画像検索結果

体力のない中高年の戦略としては、

まともに売れ筋商材へ参戦しても、競争の波に呑み込まれ

若い体力のあるアフィリエイターには敵わないと思います。

ですので、違ったアプローチの仕方、戦略が必要かと思います。

「戦略」の画像検索結果

-ネットビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者なりにネットビジネスを検証して感じること

ここ数か月インターネットビジネスについて、 色々検証してきました。   いかにインターネットが普及したとはいえ、 何の労力もなく。ワンクリック、1分の作業で 月に数十万円稼げますという 夢の …

ネットビジネスに必要不可欠なSNSツール(Twitterの利用方法)

格安0円1円ドメインの契約について考える

WordPressの取り扱い説明の記事を書くために、 ダウンロード時のデフォルト状態のものが必要となりましたので 一つドメインを契約してWordPressをダウンロードしました。 サンプル用に必要で、 …

WEBサイトの構築に必要なSE0対策とは・・・

目次1 SEO対策とは・・・2 ホームページを作成してみましょう!!3 内容は独自性を意識しましょう4 情報量(記事の文字数等)について5 キーワードを盛り込む際にもSEOを意識する5.1 <ツールを …

中高年がネットビジネスを副業で始める時のポイント

  目次1 副業から初めるのが賢明!2 限られた時間を効率よく使う3 結果が出やすいものから初めて見る4 作業を効率化する5 行動しなければ成果は上がりません。6 思考力と行動力が重要7 目 …

プロフィール

BEN

BEN

【経歴】 生れも育ちも愛媛です。 私の未熟な経験と知識ではございますが、このブログ配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。

プロフィールを表示 →

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ