魂の時代の学び「気分一致効果に惑わされずに本質を見抜く方法」

魂の時代の学び「気分一致効果に惑わされずに本質を見抜く方法」

メンターのメルマガは毎日欠かさず、決まった時間に配信されます。

その教えを自分なりに解釈し整理する意味で配信します。

今回は、「気分一致効果に惑わされずに本質を見抜く方法」についてです。

 

さて、「気分一致効果」とは一体何でしょうか?

メンターが言うには(メンターの配信より引用)

私たちは、気分がいい雰囲気の時には、気分がよくなります。

気分が悪い雰囲気の時には気分が悪くなります。

これを「気分一致効果」といいます。

いやいや、〇〇効果なんてドヤ顔で言っていますが、

そんなの当たり前じゃないですか・・・と思うでしょうが

そこがかなり重要なのです

当たり前だからこそかなり重要なのです

皆さんは、この言葉の意味がお分かりになりますか?

 

実は、こんな当たり前と思えるようなことが、

成功できない人は、出来ていないと言うのです。

「当たり前のこと」の画像検索結果

今現時点において、あなた自身が成功できていない。

貧困に苦しんでいたり、将来に不安を感じているとしたら

それはもしかしたら、この当たり前の事が

出来ていないからかも知れません。

 

「イヤイヤ私はそんな当たり前のことちゃんと出来ています。」

「今さらそんな当たり前のことなど必要ありません。」

そう思うのであれば、それでも構いません。

 

しかし、メンターは当たり前のことを言われて

そんなの当たり前だと言うのではなく

きちんと学ぶことが大切だと指摘します。

「真摯に学ぶ」の画像検索結果

なぜならば、この「当たり前」や「簡単な事」

「誰でも知っているような事」を深く考えて、

謙虚な気持ちで学べる人が成功すると言っています。

逆に成功しない人は、「そんなの誰でも知ってるよ!」

と言って学ぼうとしないそうです。

こういう人は一生成功できません。

なぜなら、当たり前のことをなめていて学びに謙虚さがないからです。

 

メンターはこうした人を遠ざけます。

真摯に謙虚に学べない人をメンターは良しとしません。

学ぶ者のマナーとして、メンターに嫌われないようにすることは

絶対条件だと私は思います。

この点をきちんと理解して、謙虚に学ぶことが大切です。

簡単な事だと言って持論を展開するなどは論外です。

「怒る」の画像検索結果

さて、メンターが「気分一致効果」について

何を使えたかったという事ですが、

周りの感情にお構いなしに自分の感情を保つという事です

周りの雰囲気に左右されて、自分の気持ちが動かされることなく

空気が読めない奴だと言われるぐらいが、丁度いいと言います。

 

いつも人の顔色や機嫌を伺っていませんか?

攻撃されるのが怖くて、人に合わせて生きていませんか?

周りの感情にお構いなしに自分の感情を保つことは、

言い換えれば、自分の人生を自分が主役で生きることだと思います。

「自分が主役」の画像検索結果

おそらくメンターは、この気分一致効果の

当たり前の気分の動きの中に、

知らず知らずのうちに、自分の人生に他人を主役にして

生きている人が多いのだと指摘しているように感じました。

 

本心では嫌がっているのに、周りの人に合わせて

自分の気持ちを殺して、生きている人が多いのではないでしょうか。

そして、その事に本人自身が気が付いていないのです。

 

メンターは言います。

周りの雰囲気にのまれて悲しいふりをしたり、

楽しいふりをしたり、無理して笑う必要はありません。

気分一致効果に惑わされない空気の読めない人が成功すると。

「空気が読めない」の画像検索結果