魂の時代の学び「内向型の人間が成功できるあり得ない時代」

魂の時代の学び「内向型の人間が成功できるあり得ない時代」

今回もメンターの教えを、私なりに理解した内容で配信していきます。

今回のお話は「内向型の人が成功するあり得ない時代」というテーマです。

 

人には内向型と外向型の2つのタイプの人がいます。

この特徴を発見したのは、心理学者のユングと呼ばれる人です。

カール・グスタフ・ユングはスイスの精神科医・心理学者で

深層心理学を研究して、分析心理学(ユング心理学)を創始した人です。

「ユング」の画像検索結果

その内向型と外向型は、生まれつき持っているもので

決められるために、後で変えることが出来ないそうです。

この遺伝子的な要因で、2つのタイプに決定されることは

アメリカの発達心理学者のジェローム・ケーガンという人が

発見しています。

 

元々その人が持っている、顔や体つきなどの様に

内向的、外向的という性格は後からか変えられない物のようです。

 

メンターは次の様に指摘されています。

あなたが内向型なら無理して、外向型になろうとするな。

それは、すごいストレスになってしまうからです。

メンターは、カラオケやボーリングのような

意味のない暇つぶしや雑談のようなおしゃべりが苦手だと言います。

目的のないものは意味がないと感じて、やる気が起きないと言います。

「カラオケ」の画像検索結果

あなたが内向的で意味のない飲み会や、食事会が嫌だ。

そんな会に参加してしている雑談が苦痛だ。

人といるよりは、独りのほうが気分がいい。

LINEやメールのやりとりを一日中している女子高生のような

そんな日常に違和感を感じてしまう。

もし、自分がそのように感じるのであれば、チャンスです。

今の時代は、そのような方が成功しやすいそうです。

「内向型がチャンス」の画像検索結果

私たちは、メンターから地道に目立たずに

独りビジネスで成功するためのマインでセットを学んでいます。

ですから、メンターは言うのです。

外交的な性格よりも、独りビジネスでは内向的な人の方が向いていると。

「内向型人間」の画像検索結果

それは外交的な人が、孤独な作業に耐えられないからです。

独りネットビジネスで15年以上継続して生き残っているメンターは

自身を内向的だと分析しています。

これまで独りでコツコツと地道に作業を積み重ねてきた結果

今の状況があると言っています。

 

メンターが配信される動画等をご覧いただければわかりますが、

他者の配信にあるような、派手な演出や誇大な表現、

収入を自慢したりする様な事などは一切ありません。

 

 

メンターは、一気に数百万円とか数千万円を稼ぐような

リスキーなビジネスを否定はしていませんが、

私たちのような、体力や財力のない中高年には勧めません。

 

緩やかな右肩上がりの成功が理想的だと言っています。

ネットビジネスにおいては、スタート当初の1年から2年くらいまでは

成果が目に見えて上ってきません。

ここで殆どの方が、収入の低さに耐えれなくなり

焦って稼ぐ方向へ向かって行き、競争に巻き込まれ自滅するか、

諦めて断念して辞めていくそうです。

「緩やかな右肩上がり」の画像検索結果

もし仮に1日で数百万円の成果を出せたとしても

今の状態のマインドセットでは、また直ぐに元に戻ってしまうのです。

よく宝くじが当たった人が、数年で破綻するということを聞きますが、

正しくこれもマインドセットが問題となっている典型的な例です。

一日に数百万稼ぐには、また別のビジネスマインドが必要です。

浮き沈みに耐えれる精神力がないと難しいのです。

 

私たちのような、中高年の体力と精神力を考慮して

メンターは無理のない小さな成功を享受してくださいます。

これまでは交的で社交的な人がもてはやされ、

色んな場面で成功されていました。

これからも成功する方もいると思います。

「外交的」の画像検索結果

ただメンターがいうように、独りネットビジネスで

目立たずに、静かに成功を目指すマインドセットには

断然内向型が向いているのです。

今まで内向的な人は、あまり評価されない時代でしたが

これからの時代は、内向的な人でも十分チャンスが巡ってくるのです。

 

新しい時代には、多種多様な成功スタイルが用意されているのです。

これまでの偏った物の見方や考え方を捨てて

思考を柔軟にして、素直に謙虚に学んでいけば、

内向型人間にも成功のチャンスはちゃんと準備されているのです。

「外交的」の画像検索結果