間違った引き寄せの考え方をしていませんか?

間違った引き寄せの考え方をしていませんか?

引き寄せの法則でよく言われる

思考は現実化すると言う意味ですが、

これを間違えて捉えると、引き寄せは起こりません。

それどころか、返って状況が悪くなることがあります。

 

それは一体どういう事か?

俗に言う「言ってることと、やってることが違う」

ということです。

 

詳しく説明します。

よく、引き寄せ等では、ポジティブな感情で

いつも感謝の波動を出して、ネガティブにならないように

しましょうと言われます。

確かに間違ってはいないのですが、

では、あなたは毎日毎日ポジティブな感情だけで

毎日感謝の気持ちで、ネガティブにならずに

過ごせますか?と聞かれたら

なんの戸惑いもなく「はい」と答えれますか?!

 

おそらく、殆どの人が「NO]だと思います。

でも、それが正解だと思いませんか?

誰しも波はあります。

生活していたら、腹の立つことだってあります。

新しいことにチャレンジするときには、

誰だって恐怖心を感じます。

でも、これってごく当たり前で自然なんです。

 

それなのに、引き寄せの法則で

ネガティブな感情を排除して、いつも感謝の心で

いつも笑顔で、なんてことを教わると、

真面目な人に限って、それを一生懸命やろうとします。

 

でも、やってることは凄く正しいことなのに、

やってる本人の感情には、当然無理が出ます。

心はかなり苦痛なのです。

本当は、怒りを出したいのに、それを押し殺して

無理に笑顔で感謝の言葉を出しています。

それって、何だか、滑稽ですよね?

 

先に述べた「言ってる事と、やってる事が違う」

というのが、このことなんです。

行動と感情が伴っていないんです。

 

引き寄せが起ることは間違いないので、

その感情で出した波動が、

時間差で後に現実化されます。

もうお分かりだと思いますが、今そうやって

自分の感情に嘘をついて、行った行動は

かなり苦しい気持ちだと思います。

その苦しい気持ち、感情が後に現実化されて

しまいます。

 

結果引き寄せが叶わないと感じてしまうのです。

場合によっては、以前より悪い状況に

なっているかも知れません。

 

では、どうすればいいのか?

答えは至ってシンプルです。

自分の一番心が落ち着く選択をすればいいのです。

 

例えば、腹が立って、怒りを爆発したい時に

無理に感情を押し殺して、

自分の心に嘘をついているよりは、

思っている感情を出した方が、

自分の心が落ち着くのならば

むしろ怒りの感情は出した方がいいのです。

 

時間をかけて、またポジティブな感情へと戻ればいいのです。

確かに、ネガティブや怒りの感情は、

ポジティブな感謝の感情と比べれば、

良くないことは、誰でも理解できると思います。

でも、それ以上に自分の感情や気持ちを

おろそかにすることは、よくありません。

 

自分の心をごまかして

いくら言葉で「ありがとう」「愛してます」

「幸せ」「ついてる」と口にしても

効果はありません。

例え、100回、1000回口にしても

状況が変わることはないと思います。

 

自分に嘘をついて口にする

1000回の「ありがとう」よりも

本心から発する感謝の気持ちのこもった

「ありがとう」1回のほうが、

断然よい波動と結果をもたらすと

私はそう思います。