心理学・哲学 自己啓発

自分の本音を大事にしよう!自己受容をして生まれ変わろう!

投稿日:

自分の本音を大事にする

ブッダの教え、引き寄せ法則、

心理学、哲学、量子物理学

どれだけ知識を入れて、どれだけ深く学んでも

喜怒哀楽は無くならない。私はそう思う。

 

なぜなら、

怒りを知らなければ、喜びはわからない。

哀しみを知るから、楽しさを感じる。

そう思うからです。

 

全ての事柄に、裏と表、陰と陽の関係があるからです。

陰陽とは・・・

陰陽を表す太極図

陰陽(いんよう、: yin – yang[1])とは、中国思想に端を発し、森羅万象宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から(いん)と(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つのであり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる[2][3][4][5][6][7] 。

このような陰陽に基づいた思想や学説陰陽思想陰陽論陰陽説などと言い、五行思想とともに陰陽五行説を構成した。

(Wikipediaより引用)

 

偉人の教えに触れることは、

とてもいいことです。

でも、その教えを実行できない自分を

責めても仕方ありません。

そもそも、実行など簡単に出来ません。

その道に入って一生修行しても

その本質を分からずに終わる人が殆どです。

もし、それができれば2000年に一度

生まれるかどうかの逸材です。

 

腹黒い部分の本音を意識してもいい。

そんな腹黒い自分を認めてあげましょう。

相手の事を嫌な奴だと、思ってもいいんです。

それが人間なんです。

それに蓋をして、本音を認めてあげないと

本当の自分が出せずに、心のどこかで、

わだかまりを感じたままになります。

 

自分を許せない人は、

全部自分のせいだと思い込みます。

自己否定ばかりしています。

人の顔色ばかり考えてしまいます。

そこに自分の心はありません。

自分の本音は何処にもないのです。

 

そんな状況で、

幸せになれるはずがありません。

いい人と思われたくて、

いつも人の顔色を伺ってしまいます。

気持はとてもよくわかります。

私自身もそうでしたから。

 

自分で言うのも何ですが、

そういう方は、殆どの方がクソ真面目です。

人に甘くて、自分に厳しい人です。

 

もう、そんな生き方をやめましょう。

私のように病気になってしまいますよ。

まぁ病気もいい経験になりましたけど。

当時は苦しかったですけど、

今は、私は病気になって良かったと思ってます。

病気の御蔭で、心身共に救われました。

失くしたものもありますが、

失ったおかげで、ある意味執着もなくなりました。

自己受容が、出来やすくなりました。

 

自己受容をして生まれ変わろう

自己受容とは、

ありのままの自分で生きていくためには

絶対欠かせないものです。

 

わかりやすく説明すると、

例えば、あなたが家を建てるとします。

建てる家があなたの理想だとすると、

家を建てる土地が、あなたの自己受容です。

土地(自己受容)がぬかるんでいると、

いくら立派な家(理想)を作っても

家(理想)は安定しません。

下手をすると壊れるかも知れません。

そういうイメージです。

 

自己受容が上手く出来れば

自己肯定が出来るようになります。

心理学で言われるのは、

自己受容では、

「本当はアイドルになりたかった」

「本当はあの人と結婚したかった」

のように過去のことを受け入れる状態です。

 

自己肯定になると

「本当は、アイドルになりたい」

「本当は、あの人と結婚したい」

と未来に向かう思考に変わります。

 

つまり、

自己受容が上手くできれば

自己肯定が出来るようになり

また未来に目を向けることが

出来るようになるのです。

 

現実には、

今を生きることしかできませんが、

未来に目標や夢があるのは

望ましい姿です。

その為にも、あなたの本音を

大切にしてあげましょう。

-心理学・哲学, 自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私のメンターを紹介します

メンターを紹介します。 松田豊さんと言う方で、独りネットビジネスで成功されいる方です。 メンターは子供の頃にいじめを受け、高校卒業後に工場に勤務しました。 しかし、社会に溶け込めず一人で稼ぐことを目指 …

魂の時代の生き方=日々の暮らしに感謝を見つけよう

  私が住んでいるところは、かなり田舎です。 たぶんあなたが想像している以上に田舎です。 便利なものはありません。 買い物もコンビニやスーパー等は、 車で30分以上かかる所まで行ってます。 …

あなたは誰のために生きるのか?

目次1 ストレスを味方につけて人生を楽しく生きる2 自分の人生は一体誰のためにあるのか?2.1 関連 ストレスを味方につけて人生を楽しく生きる ストレスと聞くと、どのようなイメージを持ちますか? 「苦 …

『チーズはどこへ消えた?』Patrick Spencer Johnson

  目次1 『チーズはどこへ消えた?』という著書とは?2 『チーズはどこへ消えた?』の内容2.1 関連 『チーズはどこへ消えた?』という著書とは?   『チーズはどこへ消えた?』と …

「魂の時代へ」=心が幸せになる偉人の言葉

  誇り高いことは、高貴な情熱であり、自分の欠点にも気が付ける。 それに気が付かないとしたら高慢である。 (ドイツの物理学者 G・リヒテンベルク)   プライドだけは高い人・・・そ …

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ