価格1000円の情報商材の実態とは?

価格1000円の情報商材の実態とは?

ネットビジネスの中でよく見かける「情報商材」

例えば、

「アフィリエイトで月30万円稼ぐ方法」とか、

「簡単自動記事作成ツール」とか、

いろいろな商材を見たことありますよね。

下は0円~上は〇〇万円の商材まで、それこそピンキリです。

 

情報商材を扱う有名なASPには

「インフォトップ」とか「ココナラ」などがあります。

インフォトップ

ココナラ

他にも、

インフォカート

サブライムスト

インフォポイント

インフォハウス

・・・ets

情報商材を取り扱うASPは、他にも沢山あるようです。

情報商材は、全般的にタイトルとかキャッチコピーが大げさなものが多いので、

必ずしも内容と一致しない気がするのは私だけでしょうか?

では、超初心者でも使えそうな情報はないものか?探してみました。

さすがに高額なものは、ちょっと怖いので、1000円の情報教材とは?

これも勉強と思い実際に買ってみました。

違う商材を2個で合わせて合計2000円分です

 

見るからに怪しいタイトルですが・・・w

一つ目の商材タイトル

みなさんのあまり知らない〇〇技副業で〇〇が入ります 元手0円で始めて、毎月を〇〇〇にしましょう。

二つ目の商材タイトル

リスク0でネット上に〇〇〇〇〇作る方法教えます 継続収入を作りたい、リスクなく何か始めたい、〇〇〇の方必見!

※販売者に考慮しタイトル名は○○明記しております。

 

結論から言います。

使えないです。

まぁハッキリ申し上げて1,000円?うーーんという感じです。

取りあえずは、使わない方がいいですね。

社会の役に立つ情報とは思えませんので。

後で分かったのですが、一つ目の情報は、普通にyoutubeで流れてましたww

 

二つ目の情報も微妙で、使わない方がいいでしょう。

この手の情報商材の95%は使えない商材だと、

他のブログ等でも拝見しますが、おっしゃる通りですね。


もめるのも嫌なので、

一応出品者の方には「この度は有難うございました」と

御礼だけは申し上げて取引を終えてます。

この手の情報商材は、皆様どうかご購入をよくご検討くださいね。

1,000円だからと言って全部が使えない情報とは限りませんが、

使えない情報が多過ぎて判断がつきませんね。

まぁ1,000円と言えば普通に本屋さんで、結構なボリュームの著書を買えます。

著書と一概に比較対象は出来ませんが、あまりにも情報商材はお粗末です。

 

また、この情報を参考に同じ様に

人に販売すればいいようなことを書いておりますが、

決してそのようなことはオススメ出来ません。

常識のある方なら、ご理解いただけると思いますが、

一時的に利益が上っても、信用は確実に失いますよ。

この手の何か楽が出来そうな気がする情報は、

まず使えないと思って間違いないです。

冷静に考えれば、

リスクがないのにリターンがある方がおかしいですよね。(苦笑)


ハイリスク、ハイリターンが世の鉄則です。

以上、当たり前のことを、2,000円を無駄にして検証してみました。

どうか皆様も、くれぐれもご購入前に今一度、よく考えてみてくださいね。

元手がいらず、リスクもない情報には、中身もありませんからね!

何事も先に投資してコツコツ積み上げるのが一番最強ですね。

情報商材は本物を選びましょう。