心豊かな「魂の時代」へ!

組織に属さない「個の時代」の到来!ゆえに自己責任が問われる時代、この時代をいかに生きるべきか?!日々学んだことを発信していきます。

自己啓発

神仏への信心が「救い・よろこび」

投稿日:

 

神仏を信じることがすでにご利益

人は、人を信じます。

そして裏切られたとき、人間不信になります。

誰も信じられなくなるのです。

日本人には、これが普通の考え方です。

 

 

イスラム教徒は、ちょっと考え方が違う様です。

裏切られた人は、

「裏切るような人を信じたからいけないのだ」

と考えるそうです。

人は、絶対に裏切らないものを信じるべきである。

イスラムではそれが神(アッラー)なのです。

 

ですから、イスラム教徒に言わせれば、

「私は裏切られた」と愚痴をこぼすことは、

自分の愚かさを露呈しているようなものなのです。

私はイスラム教徒ではありません。

イスラム教徒の考え方を押し付けるつもりはありません。

ただ、考え方も色々あることが言いたかったのです。

 

私達は、神や仏を信じることで、

何かしらの救いを求めています。

神仏を信じることで、ご利益を求めます。

これも間違いではないようですが、

実は、信じていることが、すでにご利益なのです。

神や仏を信じることが、救いであり、喜びなのです。

それ以上も、それ以下もない。

それ以上も、それ以下も、求めてはいけないのです。

 

例えるならば、毎日楽しんでやってる散歩の様なものです。

身体を鍛え健康を得るために、

厳しいトレーニングをする様なことではなく、

ただ、楽しみながら散歩をする。

信じることも楽しむことなのです。

 

楽しいと思えることで、

すでに有り難い「信心」を、神仏から授かったのです。

本当に有難いことです。

 

「信仰」と「信心」

「信仰」と「信心」はちょっと意味が違うと思います。

文化庁の統計によると、

日本には2億人を超える信者人口がいるそうです。

実に人口の倍です。

これが意味することは、殆どの人が「信仰」をしているという事です。

 

「信仰」とは、例えるならば病気を治したいために

一心に神仏を信じることです。

そして、それが治ると神仏の御蔭だと信じることが「信仰」です。

いわゆる「ご利益信仰」と言われるものです。

 

ですから、病気等を治すために、色々な神仏を信仰するため

次々と新興宗教の門をたたく結果、

人口の2倍もの信者がいるということなのです。

 

一方「信心」とは何か?

これは、病気になって神仏を祈る。

しかし、治るかもしれないが、治らないかもしれない。

病気が治ることも、治らないことも

どちらも「不思議」と考えること。

これが「信心」なのです。

 

「不思議」というのは、神仏の考え、御心は

私達にはわからないと考えることです。

私達から見れば、病気は苦です。

しかし神仏から見たときには、意味が違っているのかもしれない。

それが「不思議」ということです。

 

できれば、私は「信仰」ではなく

「信心」を持ちたいと思います。

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランスパーソナル心理学・フランクル心理学よりマインドセットを学ぶ

  目次1 トランスパーソナル心理学2 フランクル心理学3 罰への欲求3.1 関連 トランスパーソナル心理学 トランスパーソナル心理学ってご存知でしょうか? 私自身、心理学自体を深く学んだこ …

幸せになるための唯一の方法とは

目次1 あなたのメンターは幸せになる方法を教えてくれましたか?2 あなたは、どんなときに幸せだと感じましたか?3 自分の外側を求めても幸せにはなれない4 幸せになる唯一の方法に気が付こう4.1 関連 …

今を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)4

  目次1 すぐれた道とは2 それぞれが自分の力を出しきる3 「かぶりもの」をさがし求める4 「かぶりもの」を入れ替える5 捨てる6 何も知らないまま死ぬはめに6.1 関連 すぐれた道とは …

自分の本音を大事にしよう!自己受容をして生まれ変わろう!

目次1 自分の本音を大事にする2 自己受容をして生まれ変わろう2.1 関連 自分の本音を大事にする ブッダの教え、引き寄せ法則、 心理学、哲学、量子物理学 どれだけ知識を入れて、どれだけ深く学んでも …

バタフライエフェクト「世界を変える力は、あなたにもある」

AdinaVoicu / Pixabay あなたは、こんな疑問を抱いたことはありませんか? ◆自分は一体何のために生まれてきたのだろうか? ◆自分の人生に、どんな意義があるのだろうか? ◆自分はこの世 …

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ