心豊かな「魂の時代」へ!

組織に属さない「個の時代」の到来!ゆえに自己責任が問われる時代、この時代をいかに生きるべきか?!日々学んだことを発信していきます。

自己啓発

自分を見つめ直す、幸せはいつも自分の傍にある

投稿日:

geralt / Pixabay

自己分析と自己肯定

自分自身を冷静に、分析してみましょう。私の場合、次の通りです。

真面目、几帳面、時間厳守、整理整頓、サービス残業…ets

真面目を絵に描いたような社会人を、何十年もやってきました。要するに会社にとっては、とっても都合の良い人間でした。

自分に厳しく、人にも厳しいのです。人のちょっとしたミスが勘弁できなかったりします。思うように事が進まないと、イライラすることも多く、問題が発生するのは、周囲のせいだと思っていました。

しかし、それは自分の無力、愚かさから来るものだと知ります。少しづつ歯車が狂いだし、ギアが噛み合わなくなります。そうなると後はアッと言う間に、もろく崩れて行きます。

そして、強烈な自己嫌悪に陥るのです。

これが私の自己分析です。今思うと失敗して当然のあり方です。

これを一旦全て受け入れます。嫌な自分を全部受け入れて、それを見つめ直していきます。

「もう頑張らなくても70点位でいいじゃない?」そう自分に許しを出します。

「ダメな部分も沢山あっていいじゃない?」自分に許しを出せたら、周りの人にも同じように、満点を求めなくなります。「自分が70点なら人は60点でもいいじゃない?」そんな気持ちになれた時、今まで自分で背負っていた、何か得体の知れないものが一気に降ろせたような気持ちになりました。

「自分の存在に意味がない。」そう思った時期を抜け出し、自分の価値を認めるまでに4年かかりました。4年間が、長いか?短いか?それは、問題ではありません。

自分を許すのは、他の誰でもない自分です。それに気が付ければ、また先に進めるのです。

 

心の大掃除

年末に大掃除をしますか?!

新しい年を迎えるとき、神様に喜んで来て頂けるよう、綺麗にするって意味があるそうです。家の中や部屋の中は綺麗になっても、心の中が過去の嫌な思い出で一杯になって、クスんでいたんでは、神様には喜んで来てもらえません。心の中もちゃんと綺麗にして、お迎えしなくちゃいけませんね。心の大掃除は、年末だけに限らず、何回やっても全然問題ないんですね。

私は家に4年引きこもりましたが、その間以前の仕事関係の整理は、全然できていませんでした。強制的に入院して以来、全部放り出して、逃げてきたような状態でした。その事に対する申し訳ない思い、家族や友人、地域の人、周囲の色んな方にご迷惑をかけた、という自己嫌悪から、逃れられなくなっていました。そんな自分に、許しを出すまでに4年かかったわけです。

少しづつ心も軽くなってきたところで、心の大掃除を思いつきました。1年間連絡を取らなかった人がいます。その人たちの電話番号、メールアドレスを携帯電話から消去しました。すると500件近くあったデータが、一気に20件ほどになりました。家族と僅かな友人のみ残りました。

やってみると、これが何とも爽快でした。心が一気に、軽くなった気分でした。

geralt / Pixabay

 

良いことを引き寄せたい時、大切なこととして、心の中がいつもいい気分でいることは、かなり大切になってきます。でも、人はいつもポジティブでは、いられないときもあります。ですが、ネガティブになっている時にも、そのことに、気が付くことが、大切だと思います。

「今私かなりネガティブになっているな!」

そう自覚するだけで、そこから少しでも距離を置くことが大切です。いつまでもネガティブゾーンにいてはいけません。不平や不満、恐怖や怒りの世界です。良いことは何一つありません。

出来るだけ早く、ネガティブなゾーンを離れ、先ずはフラットな気持ちまで持っていければ、気持ちも落ち着きます。それから、またポジティブゾーンに行くことができます。

私もまだまだ修行の身です。怒りや不安を一瞬で消せる程、出来た人間ではありません。よくネガティブゾーンに向かってしまいます。でも、意識をするようになってから、かなり早い段階で、気分転換が出来るようになりましたよ。

四苦八苦

四苦八苦という言葉があります。

仏教では、「生・老・病・死」を四苦と言います。

生=この世に生まれ出る苦しみ。そして、生きている限り伴う苦痛

老=老いていき、衰退し、不自由する苦しみ

病=病気やケガの痛み苦しみ

死=死への恐怖・不安などの苦しみ

これら四つの苦に加え、

愛別離苦(あいべつりく) – 愛する者と別離

怨憎会苦(おんぞうえく) – 怨み憎んでいる者に会う

求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られない

五蘊盛苦(ごうんじょうく) – 五蘊(人間の肉体と精神)が、思うがままにならない

この四つの苦を合わせて、八苦と言います。

geralt / Pixabay

私は、仏道に入り、修行を重ねたいとは思いません。これらの苦に対して悟りを開こうとも思いません。ただ、これらの苦に対して、意識を向けて、何か執着のような感情を、少しでも和らげることは、出来るかも知れません。

人生のために必要なヒントが、こうした仏教の教えの中にも、隠されているような気がします。

本当の自分

自分の本当にやりたかった事って何だったんだろう?いつも頭の中をこのことが巡っていました。

一体自分は何がやりたかったのだろう?確かに短期的には目標は持っていたと思う。

その達成に向かって、行動していたように思う。今の環境をもっとよくしたい、お金持ちになりたい普通に漠然と目標を持ちながらやっていました。でも、それによって自分がどうなるか?自分がどんな気持ちになるか?深く考えて居ませんでした。

自分が本当は何を望んでいるのか?を大事にしていないと結局は望んだものが、一時的に手に入ったとしても、それで心が満たされることは無く、結果的には手に入れた物も失うことになりました。

失って気付いたことは、今回自分に降りかかった一連の出来事は、宇宙や神と呼ばれる存在から届けられた、魂の修行のなのかもしれないということです。折角頂いた気付きのチャンスを活かして、今度は本当に自分の望む姿を素直に見つめ直し、自分らしい人生を、生きなきゃいけないと思います。

きっと神様が私に一番いいタイミングで、このチャンスをくれたのだと思います。

人類がほんの数万年前までは、その日一日を生き延びることが出来れば、大成功だったのです。そう考えるなら、もしかしたら人生に将来の目的なんてものは、そもそも無くて、私たちは今という瞬間に感謝しながら、楽しく自分らしく生きること事が出来れば、それだけで十分成功したと言えるのかも知れません。

その域に達することが出来れば、自分の周りの環境もかなり変わっていると思います。なんかワクワクしてきます。

HelgaKa / Pixabay

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

現実は変わらない!変えるのは自分自身!

目次1 智慧のある行動を(メンターの教え)2 静かな人になれ(メンターの教え)3 現実は変わらない!変えるのは自分自身!4 新幹線を降りて、4WDに乗り換えなきゃ4.1 関連 智慧のある行動を(メンタ …

無用の長物。人は持つほどに貧しくなる。

  「無用の長物」と言う言葉を聞いたことがあると思います。 あっても、かえって邪魔になるくらいで、 役に立たないものという意味です。   私達は多くの物を所有しています。 例えば、 …

不安・恐怖にどう向き合えばいいのか?その対処方法!

kellepics / Pixabay 目次1 不安・恐怖の正体2 不安や恐怖をどう克服するか?3 まとめ3.1 関連 不安・恐怖の正体 あなたは、何かに挑戦しようとした時、不安や恐怖に襲われたことは …

生きることへの不安がなくなる言葉

  心にある本の僅かな羞恥心を失くすことが、この社会をダメにするのです。 【マザー・テレサ】 自分が席に座るためだったら、人だって殺しかねない。 コンビニで並んでいるとき、前の人がグズグズし …

今を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)3

  目次1 苦しみが消えるとき2 もしも楽だけがあったら3 大喜びは長続きしない4 何を得た、何を成し遂げた4.1 関連 苦しみが消えるとき 今まであった苦しみが、さっと消える瞬間 「気分が …

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ