魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)

魂の時代を生きる智慧(ブッダの教え一日一話より)

生きることは単純なことである

今から約2600年程前に、仏陀が悟りを開いたと言われています。

色々なものが目まぐるしく進化を遂げていますが、

どうやら人間というものは、2600年という年月を経ても

大きく変わっていないのかも知れません。

 

仏陀の教えが永遠と語り伝えられ、

現代にも変わらず、その教えが息づいている。

それが何よりの証です。

 

私達は生きることをとても複雑に考えます。

仏陀は生きることは、とても単純だと言います。

歩き、座り、喋り、寝て、起きる。それ以外に特別なことは

何もないのだと言います。

この単純な生きるという事を、認めないのが苦しみなのだと。

 

今の行為を喜ぶことが大切

生きることは決して楽ではありません。

 

新人の時は何をするにも苦しい。

中堅になればなったで、責任が増えて苦しい。

出世すれば、次の後継者を育てるのが苦しい。

退職したら、残りの人生をどう生きるか?を考えるのが苦しい。

 

年を重ね老いていくのが苦しい。

病気になって苦しい。

死を迎えるのが苦しい。

 

生きることは、とても苦しいのです。

そう覚悟するしかありません。

その為に大切なのは、将来を憂うのではなく

「いま」という時に、如何に充実し喜びを

持てるか否かなのです。

 

有意義な苦を選択するべきである

生きるのが苦しいからと言って

何かをやめることは

苦しみから逃れる道ではありません。

 

友達に虐められ、学校に行くのが苦しい。

苦しいから「学校に行かない」のが答えではありません。

学校に行かずに、家にいることも同じ様に苦しいのです。

 

どちらにも苦しみがあることを知らなければなりません。

様々な苦しみの中から、自分に有意義な

苦しみを選択しなければなりません。

 

この先にきっと楽な暮らしが・・・・

人は、苦しみを乗り越えれば、

その先にきっと楽な人生があると思って頑張ります。

実際どうでしょう?

 

学生の頃は、勉強が大変で苦しい。

社会に出たら、今度は仕事が大変で苦しい。

勉強より仕事が苦しいことを実感します。

 

苦しみの先に楽があると思っても

苦しみの先には、苦しみが待っていました。

 

つまり「いま」を楽しく生きなければ

これから先も楽しく生きられないのです。

 

問題があっても、一つ一つを「いま」を楽しく

生きることに意識を向けて

毎日を暮らしていきましょう。

 

人生は障害を乗り越えるゲーム

人生をゲームと考えましょう。

ゲームの楽しさは、勝ち負けよりも、

一つ一つの障害を乗り越える過程にあります。

 

この世に生を受けたときがゲームのスタートです。

すでにゲームは始まっています。

 

これまでに色々な障害がありましたか?

今まさに障害の真っ只中の人もいるでしょう。

この障害を如何に乗り越えるか?

これこそが人生のゲームの醍醐味です。

 

一度に乗り越えられない時もあります。

何度失敗しても、工夫をして

何度も何度も挑んでいくのが

人生のゲームです。

 

毎日、少しづつ、幸せに近づく