マインドセット

魂の時代の学び「私達は奇跡の存在である」

更新日:

私達は奇跡の存在である

この世界には、沢山の国があり、沢山の人々が住んでいます。

私達は、これまで色々な人に出会って来たと思いますが、その中で本当に気が合う人、心の友と呼べるような人は、果たして何人いるでしょうか?

人が出会う確率をご存知でしょうか?

人が一生のうちに出会う人の数は次のようになります。

何らかの接点を持つ人 30000人 250万分の1
同じ学校、職場、近所などの人 3000人 2,500万分の1
親しく会話を持つ人 300人 25,000万分の1
友人と呼べる人 30人 250,000万分の1
親友と呼べる人 3人 2,500,000万分の1

世界の人口は72億人だとします。

一生でなんらかの接点をもつ人と出会う確率は、実に1000万分の4。

つまり250万分に1の確率となります。

統計学では、100万分の1以下は起こらない確率であり、無視しても良いとされている数字です。

つまり統計学上、私たちが出会う事は起こらないことなのです。

この確率を例える場合によく引用されるのが、海へ懐中時計をバラバラにして捨て、自然の力で元の懐中時計に組み立てられる確率と同じだという事です。

つまり何が言いたいのかと言うと、私達の出会いは奇跡だという事です。

こうして、何かしらこの原稿を読んでくださる方との出会いも、あり得ない確率で起こる奇跡的な事なのです。

この事実が、どれだけ深い意味のある事だか?お判りでしょうか?

心理学では「類似性の法則」と呼ばれる法則があります。

この法則は、自分と似たものに好感をもつという心理を言います。

類は友を呼ぶということわざにあるように、人は自分と同質のものは否定することが出来ないという心理法則です。

つまり、自分と共通点のある人とは、仲良くなるという原理です。

人間には相性というものがあります。

相性の悪いメンターから学んでも、あなたを成功へは導いてくれないでしょう。

心理学の「類似性の法則」に基づく基本的な考え方からすれば、あなたと共通した点が多い、要はあなたが好きなメンターから学ぶことが、唯一の成功者へなれる道だと言えます。

あなたと本当に相性の良いメンターから素直に謙虚に学びましょう。

最後までお読みくださいまして、感謝申し上げます。

 

  • この記事を書いた人
BEN

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-マインドセット

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.