マインドセット

平成から令和へ時代が変わっても変わらない日常の繰り返しを継続します

投稿日:

前陛下は「上皇」となり、美智子さまは「上皇后」となられました。

4月30日には「退位令礼正殿の儀」において、歴代天皇に受け継がれてきた三種の神器を返納される儀式に望まれました。

短い時間ではありましたが、厳かでとても静かな儀式でした。

そして、天皇陛下が国民に向けて最後のお言葉を述べられました。

平成から令和へと時代が変わる

画像引用:NHK NEWS WEBより

天皇陛下の最後のおことば

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

本文引用:NHK NEWS WEBより

本日は令和元年5月1日です。

即位した天皇陛下は1日午前、歴代天皇に伝わる三種の神器を受け継ぐ「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」などの即位の儀式に臨まれました。

新天皇陛下が即位され「令和」という新しい時代が幕を開けました。

画像引用:NHK NEWS WEBより

天皇陛下 即位後はじめてのおことば

日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。

この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

顧みれば、上皇陛下には御即位より、三十年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心を御自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。

本文引用:NHK NEWS WEBより

前陛下および皇后さまには30年間の長きにわたり、国民及び世界の平和を常に願いながら職務を全うされてこられましたご功績に対しまして、国民の一人として心から感謝を申し上げたいと存じます。

上皇、上皇后になられ表舞台の公務からは身を引かれますが、今後とも末永くお健やかに過ごされますことを切にご祈念申し上げます。

祝賀ムードに盛り上がる日本

私は普段テレビを見ませんが、4月30日と5月1日には天皇陛下の退位と即位のニュースを見るため久しぶりにテレビを見ておりました。

昭和から平成へと時代が変わった時は、昭和天皇が崩御されたこともあり、世の中は喪に服しながら時代の移り変わりを迎えましたので、私の記憶では慌ただしくも静かな移り変わりであったと感じましたし、今回のような風潮はありませんでした。

今回は天皇陛下が生前に退位されるということもあり、日本中が祝賀ムードに盛り上がったのでしょう。

乾杯で改元を祝う大分市民(ガレリア竹町ドーム広場で)

画像引用:大分経済新聞

『古事記』や『日本書紀』に登場する神武天皇に関しては、史料として認められないという見方もあるようですが、神武天皇が実在したとすると日本の天皇家は男系継承で125代、2600年以上も続いてきた計算になるそうです。

この数字は、王家のある国の中でも最も長い歴史を誇るものと言われています。

日本の皇室は由緒正しい長い歴史の上に成り立つものであり、日本が世界に誇れる歴史でもあるのです。

このような古い歴史もあり、私自身としては天皇陛下に対する敬意の念は、日本人の一人として持っているつもりではあります。

ですが、テレビで放映されているようなお祝い気分で、新しい「令和」という時代を迎える気にはなれません。

新元号の令和に時代は変わりましたが、元号が変わったからと言って私自身の生活が何か大きく変化することはありません。

平成という時代を振り返る

振り返ると平成は何度も大きな災害に見舞われた年でした。

平成3年の雲仙普賢岳の大噴火、平成7年の阪神淡路大震災、記憶に新しいところでは、平成16年新潟県中越地震、平成23年東日本大震災、平成29年の九州北部豪雨災害、平成30年には大阪北部地震や西日本豪雨災害、北海道地震や台風の被害などが挙げられます。

平成の時代はこの他にも数々の地震や台風などの自然災害に見舞われました。

また、自然災害だけでなく経済も大きく冷え込んだ時代でした。

平成3年には昭和時代から続いた経済バブルが崩壊しました。

かつて先人たちの努力の上に見事な戦後復興を果たした昭和時代の日本では、私達一般庶民にも確かにバブル好景気の感覚がありました。

サラリーマンとして一生を終えることで、マイホームを手に入れて年金で悠々自適の暮らしが出来るという夢を描くことが出来た時代です。

ですが、バブル崩壊後の日本は長引く経済不安によって、デフレから脱却できず経済も低迷したままです。

アベノミクス効果と言われる経済効果も、大手企業以外には実感することが出来ないのではないでしょうか?!

現実として所得格差はどんどん広がっています。

時代が変わっても変わらぬ日々を継続

世界経済を見てもフランスの労働者デモやイギリスのEU離脱問題、米中貿易摩擦など様々な経済問題が浮上しており、2020年の東京オリンピック以降の日本経済の先行きも不透明です。

私は経済学者ではありませんし、政治評論家でもありませんが、一般市民でもある程度のネット上を見ていれば、そうした先行きの不安は感じ取ることが出来ます。

そうした中で、令和を明るく楽しくワイワイと祝賀ムードで迎えるという気分にはなれないのが正直なところです。

空気の読めないヤツと言われるかも知れませんし、社交性に欠けるのかも知れませんが、長らく独りでやっていると、不思議と大勢人が集まることへの危険性を感じてしまうのです。

日本が新しい時代を迎えようと、これから来るであろう危機に備えて、私は今日も淡々と変わりない学びの日々を積み重ねていくだけです。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に 初めて出会ったのは、 2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから 2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &n ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを 申し込みましたが、 残念ながら現在のところ コンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えな ...

3

  インターネット上には、 自称成功者と名乗る人や、 実績を伴わない人が、 たくさん配信をしています。   私のメンターは、 そのような詐欺師ではありません。   私自身 ...

4

私のメンターである松田豊さんは、 全員が全員成功できるとは限らない と良くおっしゃいます。   むしろ殆どの方が継続できずに 諦めてしまうと言っています。   では、なぜ殆どの人が ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-マインドセット

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.