マインドセット

メンターから学ぶことで見えてきた中高年が目指すべき成功の在り方

更新日:

「青年よ大志を抱け」「Boys, be ambitious」というクラーク博士の有名な言葉をご存知だと思います。

これは多くの人が、青年に大きな志を抱いて希望をもって生きて行きなさいという意味に受け止めていると思います。

ですが、これは単に成功してお金持ちになれとか、有名になれとか言っているのではありません。

そして、これは青年に限ったことではなく、成功を目指す全ての人に共通して言えることではないかと、松田豊さんから学ぶうちに強く感じるようになりました。

今回は、そんな中高年が持つべき成功の在り方について、私なりに考えてみたこと書き記してみたいと思います。

中高年よ大志を抱け

先にも述べた通り、クラーク博士が言った「青年よ大志を抱け」というのは、金銭や私利私欲のためでなく、地位や名誉の為でなく、人として当たり前のことを達成しようとする大志を持つべきだという意味です。

これから社会へと飛び立つ若者に向けて、とても素晴らしい言葉だと思います。

 

でも私はあえて言いたいと思います。

「中高年よ大志を抱け」と!

 

志というもの自体に年齢などは関係ないと思います。

ですが現実的には中高年は若者ほどのパワーも気力も体力もありません。

そして、何よりも圧倒的に時間がありません。

 

それは中高年には残念ながら若者ほどの可能性がないことを意味します。

 

志しには年齢は関係ありませんが、中高年になると夢をあきらめずに希望を持って挑戦しようと言っても、客観的に見て明らかに可能性は若者よりも低いのです。

ですが、決してあきらめる必要はありません。

何も若者と競う必要はないからです。

中高年の夢の設定

中高年の夢の設定は、若者とは違ってきます。

中高年がこれまで社会でもまれた来た経験は伊達ではありません。

無理に勝てないのを承知で無謀な戦いを挑む必要はないのです。

恐れを知らずに戦いを挑めるのは若者の特権と言えますが、中高年が恐れを知らずに突っ込むと単に馬鹿にされるだけです。

 

まずは自分の戦えるフィールドと自分の担える役割を見極める必要があります。

厳しいことを言うことになりますが、正直なところ中高年である程度成功できていない場合、スポーツで例えるならば、ほぼスター選手にはなれないのが現実だと思います。

スター選手どころかレギュラーにもなれないかもしれません。

野球なら9人、サッカーなら11人、バスケットなら5人、バレーボールなら6人と限られた人数しかフィールドには立てないのです。

ですが、どんなスポーツであっても優秀な選手だけでは成り立ちません。

応援するサポーターや出資する企業など、いろんな人たちの力があって成り立っています。

 

ですから私達も自分が選手として活躍できないのであれば、応援する側に回る選択をして自分が好きなスポーツ選手や競技を盛り上げていくのです。

自分がどの立場で応援するか?またサポートできるか?を考えて行動してみるとビジネスのヒントが見えてくるかもしれません。

そうすれば、中高年が限られた時間の中で、目指すべき目標も設定しやすくなると思います。

なりたい自分をイメージする

「自分がなりたいと思うものにしかなれない」とメンターはおっしゃっています。

つまり、自分が心から信頼することができ、心から尊敬することができ、心から好きだと思える成功者をイメージすることが大切なのです。

自分が心から応援したいと思える人をメンターとすることが大切です。

そうでないと、素直に謙虚に継続して学ぶことは出来ないからです。

 

そして、一度この人をメンターとしてついていくと決めたら、何があっても学ぶことを止めずに応援することです。

成功者といえども人間ですので、調子の良い時もあれば悪い時もあります。

調子の良い時だけ応援するのではなく、メンターが落ち目になった時でも全力で応援することが大切です。

成功者がなぜ成功者と呼ばれるか?それは成功者は挫折しても必ず何度も復活するからです。

苦しい時に応援してくれた人を成功者は必ず覚えてくれています。

ですから、苦しい時にも応援していれば、成功者が復活した時必ずその恩をあなたに返してくれます。

そうした人間としての信頼関係があなたを成功へと導いてくれるのです。

情報を遮断する力

現在の社会はインターネットが普及したことによって、情報過多になっています。

取捨選択の能力を問われていますが、それ以前に必要のない情報を遮断する力が問われています。

ネットやメディアから流れる情報は、人間関係にも大きく関係にも大きく関係してきます。

芸能人や政治家などのスキャンダルや、社会に対する不平や不満をネタにした人間関係の中にいると自然とあなた自身の波動も下がってしまいます。

そうした人間関係も見直していく必要があると思います。

波動を常に高く良い状態にするためには、出来るだけ成功者と同じ波動を感じていることが大切です。

具体的には音声を聴いたり動画を見たり、セミナーやワークショップに参加したりすることで波動を合わしていくことが出来ます。

成功者の傍に常にいるイメージを大切にしましょう。

成功するための唯一の方法

私が思う成功するための唯一の方法とは、成功するまで諦めずに継続すること。

これに尽きると思います。

あの松下電器の創設者の松下幸之助氏も、「失敗したところでやめるから失敗になる。 成功するまで続けたら、それは成功になる。」と言っています。

メンターの松田豊さんも、地味で地道で孤独な学びの継続の先に成功はあるとおっしゃいます。

その学びは、孤独で暗く冷たいものだけど、それを乗り越えた先にしか成功はないとおっしゃっています。

決して口で言うほど簡単なものではないかも知れませんが、真剣に覚悟と決断をすれば、あなたの望む成功が引き寄せられて来ます。

まとめ

  • 志しに年齢は関係ないが、現実を見極めて自分の器に見合った夢を設定することが大切。
  • 自分の能力を過信せずに客観的に受け入れることも必要。
  • 自分が心からリスペクト出来る人をメンターとし、メンターの調子が良い時だけでなくむしろ悪い時に全力で応援することが大切。
  • 素直に謙虚に尊敬したメンターを信じて、地道に継続して学び続ける。
  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に 初めて出会ったのは、 2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから 2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &n ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを 申し込みましたが、 残念ながら現在のところ コンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えな ...

3

  インターネット上には、 自称成功者と名乗る人や、 実績を伴わない人が、 たくさん配信をしています。   私のメンターは、 そのような詐欺師ではありません。   私自身 ...

4

私のメンターである松田豊さんは、 全員が全員成功できるとは限らない と良くおっしゃいます。   むしろ殆どの方が継続できずに 諦めてしまうと言っています。   では、なぜ殆どの人が ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-マインドセット

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.