心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!独りネットビジネス成功者の松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

マインドセット

真剣に学べば私たちは既に満たされていて自己実現欲求を果たしていることに気が付くことが出来る

投稿日:

松田豊さんという独りネットビジネスで13年以上法人として事業を展開されている成功者の方がいます。

松田さんが殆どの人が消えていくと言われる厳しいネットビジネス業界で、13年以上も継続して生き残ってこれたのは、きっとご自身の努力を越えた不思議な力が働いているからだと感じます。

現に松田さんご自身もスピリチュアルな考え方をバランスよく取り入れているそうです。

 

この記事では、私たちは常に成功を目指して行動していますが、松田豊さんがおっしゃるには、私たちは広義な視点に立てば既に自己実現を果たしているということについてお話していきます。

やりたいことが見つからない

良く「自分の本当にやりたいことを仕事にすれば成功できます!」という話を聞きますが、あなたは自分のやりたいことが何だかわかりますか?

 

私の場合ですが、本当にやりたいことは「仕事をしないで暮らす!」ことです。

実際にそれを達成しようとすれば、現在の日本であれば達成が不可能ではありません。

 

例えば、自分の財産をすべて手放し、親族との人間関係を断ち切り、最低保証金額の決められた範囲の中で質素に暮らしていけば、生活保護を受けながら働かずに生きて行くことは可能です。

但し、全額税金で養っていただくことになるので、社会の中で常に低姿勢を貫く覚悟が必要になると思います。

 

そうした覚悟が無理な方や、決められた範囲の中で生活が出来ない人は、いきなり何も仕事をしないでいると、資本主義の日本では生活に困窮してしまいます。

 

ですから皆さんも仕方なく何かしらの仕事についているのが本音と言ったところではないでしょうか?

そして、仕方なく何かをするくらいなら、少しでも自分の好きなことをする方が、気分的にも精神的も良いと感じるのではありませんか?

 

何が言いたいのかと言いますと、要は本当に自分のやりたいことが見つからない人は、今の世の中には結構多いと言うことです。

でも、メンターが言うには、それは至って正常なことだとおっしゃっています。

今の時代に、やりたいことが見つからないのは、当たり前と言えるのだそうです。

マズローの5段階欲求

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化した、マズローの5段階欲求論と言うのをご存知でしょうか?

自己実現理論(マズローの)欲求段階説、欲求5段階説、とも呼ばれ、人間の基本的欲求を、ピラミッド型の階層に示し、高次の欲求(上)から並べて提唱したものです。

  1. 自己実現の欲求 (挑戦・貢献・表現)
  2. 承認(尊重)の欲求 (認められたい)
  3. 社会的欲求(皆と仲良くしたい)
  4. 安全の欲求(安全な場所・食べ物など)
  5. 生理的欲求(睡眠・食欲・排泄・性欲など)

下(5)から上(1)に行くほど高次の欲求となります。

 

マズローの理論によれば、自己実現の欲求というのは人間の欲求の頂点と言うことになります。

現在では、この上にも自己超越の欲求があると言われているようですが、今回は5段階で考えてみたいと思います。

私たちは今どの段階の欲求を満たしているのか?

マズローの5段階欲求はご理解いただけましたでしょうか?

そこで、あなたは一体どの段階の欲求を満たしていると感じられますか?

 

3の社会的欲求ですか?それとも4の承認欲求でしょうか?

 

松田豊さんがおっしゃるには、実は私たちは既に自己実現してるのだそうです。

私たちは、既に自己実現していることに気づく時期に来ていると言っています。

つまり、逆に言えば私たちはまだ自己実現していることに気が付いていないと言うことなのです。

 

「イヤイヤちょっと待ってください!自己実現なんてとても出来ていませんよ!」

そんな声も聞こえてきそうです。

 

メンターの松田豊さんは、次のような事例を挙げて解説されています。

 

コンビニで節分に太巻きがたくさん販売されますが、売れ残って大量に破棄されると言うニュースがあったそうです。

季節ものを大量に生産し、フランチャイズで各店舗に買い取らせて売れ残ったものは処分させているのです。

 

この事実をどう見られますか?この事実が物語っていることは、私たちは既に飢餓を克服していると言う事実です。

つい数十年前には敗戦を経験し、日本人は飢えに苦しんでいたのです。数百年前にはその日一日を生きていくことに必死になっていたのです。

 

また、田舎に行けば屋根はワラやカヤ葺の家が昔は当たり前で、台風などで直ぐに壊れていましたが、今は住む家も随分頑丈で立派になりました。

 

日本に住んでいれば、衣食住をどうにかしながら生きていけるのです。

 

つまり、私たちは人間の本来の目的を広い意味で考えれば、既に殆どの欲求を満たしていて既に自己実現していると言えるのです。

働くための動機とは?

それでも納得いかない方もいらっしゃるかも知れませんが、では好きな仕事をするための動機を考えてみてください。

仕事をするには、何か動機が必要なはずです。

 

あなたは何のために仕事をするのでしょうか?

良い車を手に入れる為でしょうか?高い地位を手に入れるためですか?きれいな家に住むためですか?

 

あなたが仕事を本気でするための動機はなんでしょうか?

 

かつて物が無かった時代には、多くの人は物を求めて働きました。多くの物を手に入れることを動機として仕事をしていたのです。

 

しかし、今の日本人は多くのものを既に手に入れています。そして、物を追い求めてもその欲求にはキリがないことを学びました。

執着を手放してお金のマインドコントロールから解き放たれると、結局自分が全て手に入れていたことを知ることになります。

 

そのことを知った私たちは、満たされていることを知ったので、わざわざ必死になって働く動機を見つける方が難しくなっているのです。

 

ところが、私たちは足りない足りないと思い込まされて、必死になって無理やり努力と根性で働いて、ブラックな環境やセクハラやパワハラの絶えない人間関係に悩みながらも、過酷な環境にも耐え抜いて頑張り抜いて、その結果精神を病んだり身体を壊しているのです。

 

私自身も大きな失敗を経験し、正直私はこんな社会にかなり疲れてしまいました。

これからの時代をどう生きていくか?一度真剣に自分の人生を見つめ直してみました。

 

そんな時に出会った松田豊さんの動画配信で、「既に満たされている。自己実現を果たしている」という言葉が、妙に私の心を癒してくれたのです。

 

あなたの人生に足りないものがあるとしたら、それはあなたの心がそう思い込んでるだけかも知れません。

私たちは実は既に満たされていて、本当は幸せなんです。もう自己実現を果たしているのです。

 

そのことに気がつければ、一瞬で見える世界が変わります。あなたも、是非学びを通じて世界観を変えてみてください。

まとめ

 

  • 自分のやりたいことが見つからない人は、今の世の中には結構多いですが、それは至って正常なことです。
  • マズロー自己実現の欲求というのは人間の欲求の頂点です。
  • 実は私たちは既に自己実現していることに気づく時期に来ています。
  • 人生を真剣に見つめ直し、学びを通じて自己実現を体感してください。

 

  • この記事を書いた人
BEN

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-マインドセット

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.