マインドセット

体力もスキルもない中高年が激動の時代にどのように副業に取る組むべきか?

投稿日:

最近では経済の雲行きが非常に怪しくなってきています。

国際的な金利低下で生命保険会社も経営がなかり厳しくなってきているようですし、メガバンクと言われる大手銀行も合計でおそよ3.2万人もの大規模リストラに取り組んでおり、最近では日産自動車が世界規模で1万人程の人員削減を打ち出したことも記憶に新しいところです。

多種多様に渡る業界で、新しい時代へ対応するための厳しい対応を余儀なくされているのが現実です。

今回はそんな移り変わりの激しい時代に、中高年がどのように副業を考えればよいのか?について考えてい見たいと思います。

社会の現状

日本企業で初めて30兆円の売り上げを記録したトヨタ自動車の豊田社長が、「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と発言して話題となりました。

上場企業に入社すれば一生安泰と言った、且つての終身雇用制度も既に崩壊しつつあるのです。

国内の中小企業では、もう既に崩壊しているのが現状です。

 

退職金はおろか国の年金制度も将来的にどうなるかわかりません。

老後資金が2000万円不足するという報告書問題も飛び出すなか、政府は正社員の副業を推進しています。

これは裏を返せば、国がこれ以上社会的な保証ができないということを意味しているのです。

 

本当に厳しい時代がもうそこまで差し迫っています。

ここ最近のメンターの配信からも、そのことはよく取り上げられています。

ネットビジネス業界の状況

ネットビジネス業界も時代の変化を先取りするかのように、これまで稼げていたビジネスモデルが殆ど全てにおいてリセットされているようです。

その最たる例が、ヤフオクやメルカリ、Amazonなどのせどりや転売ビジネス、そしてブログや物販などのアフィリエイトです。

これらの手法は、新規参集者が爆発的に増え、その上に資本のある企業がどんどん参入しており、市場自体は伸びていますが初心者が簡単に稼げることが非常に難しくなりました。

合わせてプラットフォームであるグーグルの検索アルゴリズムの変更によって、SEO対策にも大きな変化が出てきています。

主な方針としては、企業や法人などの信用性の高いサイトが上位表示されやすくなり、どんなに質の良い記事を書いていたとしても、個人などのサイトが上位表示されにくくなっています。

 

こうしてアフィリエイト一つ見ても、かなり状況が大きく変化しているのです。

勢いのあるネットビジネスの分野

下火になるビジネスモデルもある一方で、ネットビジネスでも勢いのある分野も間違いなく存在しています。

動画配信

その一つがYouTubeなどの動画配信です。

ユーチューバーと呼ばれる新しい職業も誕生しておりますが、更に「ライバー」と呼ばれる幅広い配信者の活躍が注目を浴びているようです。

ライバーとは、ユーチューバーのようなネットライブ配信をおこなっている人のことで、生ライブ配信者(生主)、ゲーム実況などの配信者やライブストリーマーのことを指した総称です。

今後はますます「ライバー」の活躍の場が広がっていくと予想されています。

 

動画配信というのが、今の時代のメジャーな配信方法へと移行しています。

 

但し、YouTubeなどの動画配信もビジネスとして軌道に乗せるには、なかなかハードルが高いと言われています。

かつてのアフィリエイトと同じで、配信しても直ぐには収益化は出来ませんので、コツコツと継続することが必要となります。

その上で質の高い配信内容が問われ、ユーザーの確保や閲覧時間等も問われますので、現実には9割ほどの人は継続できないと言われていますようです。

動画の作成には収録や編集に相当時間もかかりますし、最近は字幕やテロップも凝ったものが増え編集なども結構大変で、外注に出す方も多いようなので、そう簡単なビジネスモデルではないようです。

しかし通信システムもこれまでの4Gから5G(第5世代通信システム)に変わることから、益々動画の需要は拡大していくと思います。

 

プログラミング

他にもプログラムのスキルを持っている人は、まだまだネットビジネス業界だけに限らず色々と活躍の場があるようです。

いろんな新しいサービスが開発されるたびに、それに対応する様々なアプリ等も必要になるため、こうした動きはしばらくは続くと思われます。

フリーランスで仕事をする場合には、スキルが高い人ほど時給単価も上がって行きますので、高収入を得られるチャンスも広がってくるようです。

 

そんなに高いスキルが無くても、例えばデザインとプログラムを掛け合わせたサービスや、マーケティングとプログラムをミックスしたサービスなど、さまざまな需要に合わせて組み合わせを工夫すれば今後色んな需要も増えてくると考えられます。

しかし、最低限プログラムのスキルは必要になりますので、そのうえプログラミングもなかなか過酷な作業ですので、若いうちは出来たとしても中高年の方がいまから習得するというのは少しハードルが高いと思われます。

中高年が取り組むべきネットビジネス

中高年がこれから副業でネットビジネスを始める時、一体何から始めればいいのでしょうか?

高度なスキルや知識や経験を持っていれば、それなりに活躍できる分野もあるでしょうが、プログラミング等のこれといったスキルもない人は一体どうすればいいのでしょう?

また、仮にプログラミングのスキルがあったとしても、年々落ちていく体力と気力を思うと将来がとても不安ですよね。

絶対にやってはいけないこと

中高年がネットビジネスに取り組むときに、まず絶対にやってはいけないことがあります。

特にスキルのない人は、直ぐに稼げるとか、絶対稼げるとか、100%保証しますというような甘い言葉に大変弱くなっています。

よくある「ネットで100%稼げますよ」と言ったのようなものや、「たったの3クリック1日わずか5分の作業で月収50万円」等のようなセールスコピーの情報には絶対に関わらないことです。

 

断言しますが、ローリスクでハイリターンなビジネスは存在しません。

それをうたってる商品は、ほぼ詐欺だと思って間違いないでしょう。

※但しメンターがいつもおっしゃっていますが、詐欺がどうかは裁判所が判断することですので、ここでの断言は避けておきます。

 

また無料で出回っている情報だけで取り組むのは非常に効率が良くありません。

確かに無料でも質の高い情報はありますが、圧倒的にその情報量は少ないです。

 

無料で配信されていると言うことは、既に沢山の人が同じ情報を手にしていると言うことですので、その時点でほとんど既に使えなくなっている情報と言うことです。

 

なので、なぜ無料で配信しているのかをよく考えてみましょう。

大抵の場合は無料情報で集客をして、本来のサービスや商品に繋げるための手法です。

 

世間に出回っていない質の高い情報でないと稼ぐことは難しいでしょう。

そして、その情報を手にするには、お金を払ってでも手に入れるしかありません。

ビジネスにおける先行投資や自己投資は必至であるとお考え下さい。

 

ネットビジネスの生命線は情報

今現在の状態で、何をして良いのかわからないと言う人は、厳しいことを言いますが情報不足と勉強不足なのです。

ネットビジネスの世界は、かなり進化と変化の速度が速いです。

1年前のビジネスモデルが、今年はもう通用しないというのもよくある話です。

ですから、基本的に会社員の様に収入も直ぐには安定しないと理解しておく必要があります。

ですから、いきなり直ぐに稼げると言うことはほぼありません。

 

ネットビジネスと言えど列記としたビジネスですから、基礎を積み上げていく準備期間が必要です。

まずは基礎的なことを学ぶ必要があるのです。

これをやらずに初心者がネットビジネスで稼ごうとしてもかなり難しいと思います。

既に成功している人から学ぶことが、一番の近道であり質の高い情報を受け取れる唯一の方法です。

この基礎的な学びが非常に孤独で単調で退屈に感じるので、メンター曰く殆どの人が継続出来ないと言います。

しかし、逆を言えば継続出来れば成功できると言うことです。

 

最後に

今のネットビジネスは、ちょうど変革の過渡期に入っています。

今現時点で稼ぐことの出来るビジネスモデルはありますが、どのビジネスに取り組めばよいか?と言うのは正直まだよくわからない部分もあります。

これから新しく生まれてくるビジネスモデルもあります。

テクノロジーの進化が激しく、5G(第5世代次世代通信)になれば、通信速度だけでなく、大容量で多接続や低遅延なども可能になるので、今現在存在しない幅広く新しいサービスが生まれる可能性も非常に高いのです。

ですので、今後の動向の予測が非常に難しいのです。

 

スキルも体力もない中高年が唯一できることは、成功者にしっかりくっついて学び続けることです。

成功者に気に入られれば、こっそり有益な情報を頂けるかも知れませんよ?!

そのためにも、日々素直に謙虚に継続して学ぶ姿勢が何よりも大切なのです。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に初めて出会ったのは、2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &nbsp ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを申し込みましたが、残念ながら現在のところコンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えながら、 ...

3

  インターネット上には、自称成功者と名乗る人や、実績を伴わない人が、たくさん配信をしています。   私のメンターは、そのような詐欺師ではありません。 私自身がメンターの教材を全て ...

4

メンターは 「全員が全員成功できるとは限らない」 と良く言います。   むしろ 「殆どの方が継続できずに諦めてしまう」 と言っています。   では、なぜ殆どの人が成功できないのか? ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-マインドセット

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.