心理学・哲学 自己啓発

魂の時代の学び「生きることへの不安がなくなる言葉」

更新日:

 

忍耐は思いやりの真髄である。
【箴言(しんげん)】

確かに世の中には、恩を仇で返す人がいます。

お金を貸してあげれば強盗に入られ、

仕事に雇えば会社のお金を

持ち出してしまうような人達です。

 

そんな時、あなたが怒るのは当然です。

時には、復讐してやる、と思っても

責めることは出来ないのかも知れません。

「怒り」の画像検索結果

でも、もしあなたの怒りが、

どうにか抑えられるものならば、

あと10秒だけ我慢してみましょう。

そうすれば、仇で返す人たちが、

どうしてそんな行為をしたのか

わかるかもしれません。

 

それに気が付いて、あなたが怒りを我慢できた時、

あなたは本当の思いやりを持ったのです。

かけがえのない人格を手に入れたのです。

「かけがえのない人格」の画像検索結果

 

私が恐れる人はただ一人、それは自分自身だよ。
【アメリカ第20代大統領 J・ガーフィールド】

現代の社会には、不安が充満している

と言っても過言ではありません。

移り変わりの激しすぎるこの社会では、

もはや、信じられるものがないからです。

 

失っていくもの、変わっていくものが多すぎると、

人は誰だって恐怖に脅えるようになります。

言うならば、私達全員が、恐怖に脅えている

状態と言ってもいいのです。

「恐怖」の画像検索結果

でも、私もあなたも

みんな本当は気がついています。

その恐怖は、本当はまだそこには無いのです。

 

それは、私達が「あるかもしれない」と

脅えているだけのもの。

それを作り出しているのは、

そう、もちろん、私たち自身なのです。

「空」の画像検索結果

 

この地球にいる全員が同じ知性を持つから、真理があるんだ。
【フランスの哲学者 アラン】

「アルジャーノンに花束を」のお話については、

皆さんも知っていることでしょう。

主人公は実験で、頭脳を天才的に改良されるのですが、

次第に元の低能力に戻っていく時、

彼は大きな苦しみと恐怖を覚えました。

「できすぎくん」の画像検索結果

その恐怖は私達にとっても、

決して無縁なものではありません。

特にあなたのように、頭もよく、他人に迷惑をかけたくない、

という立派な人なら、なおさらです。

 

でも、私達の知性とは、そんなに差があるのでしょうか?

確かに、試験をやれば、

百点の人も0点の人もいるでしょう。

「テスト 0点」の画像検索結果

でも、その試験自体、人が作ったものでしかないのです。

大きな目で見れば、人が人であるというだけで、

すばらしい知性の持ち主なのです。

恐れることはありません。

あなたはあなた。変わることはありません。

「のび太くん」の画像検索結果

 

一粒の麦は地に落ちて死ななければ、そのままだ。だが、死ねば多くの実を結ぶ。
【ヨハネによる福音書12;24】

 

死を怖がらない人間は存在しません。

怖くない人間は、生からも死そのものからも

逃避している場合が殆どです。

 

人間は不治の病にかかったら、

恐怖に脅えることしかできないのでしょうか?

そんなことはありません。

とても難しいことですが、死の恐怖を乗り越えて

穏やかに亡くなられた方はたくさんいます。

 

この言葉は死んだ後に、

その人のかけらが姿を変えて

生き続けると言っています。

 

家族や愛する人の心に、別の何者かになって、

その人は存在し続けます。

不滅であることを自覚した時、

死は恐怖から未来へのやすらぎへと姿を変えるのです。

「一粒の麦は地に落ちて死ななければ、そのままだ。だが、死ねば多くの実を結ぶ。」の画像検索結果

 

誇り高いことは、高貴な情熱であり、自分の欠点にも気がつける。それに気がつかないとしたら高慢である。
【ドイツの物理学者 G・リヒテンベルク】

プライドだけは高い奴・・・・

そんな悪口をよく耳にします。

人がうらやむような職業や、学校にチャレンジし続ける人は、

よくそんな風に揶揄されます。

 

でも、チャレンジしている側からすれば必死。

自分の目標をかなえようとしてるだけ・・・・

ということになります。

 

成功や失敗という結果だけではなく、

プライドを持つことは、

よいことなのでしょうか?

わるいことなのでしょうか?

「プライド」の画像検索結果

この言葉は、教えてくれます。

もし、あなたが今、欠点に気がついていなければ

あなたのプライドは、ただ高いだけのプライドです。

自分の非を認めてこそ、

プライドは「誇り」という

名前で呼ばれることができるのです。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に 初めて出会ったのは、 2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから 2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &n ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを 申し込みましたが、 残念ながら現在のところ コンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えな ...

3

  インターネット上には、 自称成功者と名乗る人や、 実績を伴わない人が、 たくさん配信をしています。   私のメンターは、 そのような詐欺師ではありません。   私自身 ...

4

私のメンターである松田豊さんは、 全員が全員成功できるとは限らない と良くおっしゃいます。   むしろ殆どの方が継続できずに 諦めてしまうと言っています。   では、なぜ殆どの人が ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-心理学・哲学, 自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.