心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!独りネットビジネス成功者の松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

オススメ書籍

3日食べなきゃ7割治る「食うな・動くな・寝てろ」(著者 船瀬俊介)を読んで妙に納得しました

更新日:

著者である船瀬俊介さんの略歴は以下の通りです。

福岡県出身で、早稲田大学第一文学部社会科卒業。在学中に生協活動に携わる。日本消費者連盟の編集者を経て、1986年に独立し、主に消費者・環境・健康分野で取材・出費を続けている。2017年時点でお風呂に入ったときに、10年間身体を洗ってないらしい、頭は年に4回程度と公言。垢は身体を保護するためにあり、むやみに洗い流すのは自然の摂理に反すると持論の持つ。60歳を過ぎても精神年齢は10代、肉体年齢は20代をキープしていると自負しているそうです。

 

そんな著者が書いた本、3日食べなきゃ7割治る!「食うな」「動くな」「寝てろ」タイトルもサブタイトルも斬新です!

3食きちんと食べると、それを消化エネルギーはフルマラソンに匹敵するらしいです。

なので、病気やケガをした時は、食べると余計に体力が落ち、治りにくくなるそうです。

 

動物は本能でそれをやっているそうで、食べずにじっとして寝ていると、生命危機のアラームがなって生命維持装置にスイッチが入り免疫力が上がるそうです。

 

現代人は、全く逆のことをやっていると警鐘を鳴らしています。

 

栄養士も医者も「しっかり食べないと治りませんよ」と言います。

これはもう、洗脳です。

そう教え込まれているからです。

患者がいないと困るからです。

 

政府厚労省も3食食べて、早く病気になって、出来るだけ長生きして亡くなってくださいといっています。

なんかひょっとしたら、当たっている気がしないでもないですね。

 

食べ間違いのルーツは、ドイツのフォイト栄養学に遡ります。

必要摂取量の2.5倍以上の動物性たんぱく質を摂取させ、植物淡泊は劣等であるという内容です。

良い物は取りすぎるということはないとまで言っていて、これにはさすがに呆れました。

 

この背後には食肉産業と軍隊との癒着があったようで、フォイト教授の発言は欧州全土に影響力があったようです。

ですから食肉産業をさらに大きくさせていったようです。

 

日本もどうやら、この栄養学の影響を受けているようで、いつの時代も人の強欲は浅ましいと感じますね。

 

このようなビジネスがらみの癒着の構図は、なかなか払拭できないものですね。

まぁでも、いずれ最後には天の裁きが下されるとは思いますが。

 

3食きちんと食べると老化も早いらしく、著者の同級生もすっかり老けているそうです。

当然個人差もありますが、中高年で急に老けるのは食事は大いに関係しているらしいです。

 

著書の随所に気になる目からウロコの情報が満載です。

著者は一日一食にしていて快適だとおっしゃっています。

 

実は私も、1日一食に近い食生活です。腹が減ったら食べるようにしてら自然とそうなりました。

 

気になる方はチェックしてみてください

  • この記事を書いた人
アバター

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-オススメ書籍

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.