Engin_Akyurt / Pixabay

常に人と比べる中で生きてきた

私が受けた昭和の学校教育では、常に人と競争し比べるようになっていました。

運動会の徒競走の1位から3位までには、賞品やリボンがもらえました。

子供の頃は、そのリボンがとても誇らしく思えて、競争で勝って取るんだと思っていましたが、小学校6年間では唯一障害物競走で、一度だけ3位のリボンを貰ったことは、今でも覚えています。

図画の展示では、金賞や銀賞や銅賞といった表彰がありました。

通信簿も5段階方式で、テストの成績による順位も発表されていました。

そんな教育を長年受けていたせいか、自然と常に他人と比較したり、競争することを受け入れていたように思います。

心理学的にみる他人との比較

昨今の心理学の世界では、人と比べることや競争することに対して、否定的にとらえる学者も多い一方、競争することや比較することは人の普遍的な心理であり、これが原動力となり生きる力となると考える学者も少なくないようです。

「嫌われる勇気」で一躍有名になったアルフレッド・アドラーも、後者の考え方を支持していた心理学者でした。

アドラーは「人間には優越性の追求という普遍的な欲求がある」と考えました。

優越性が満たされないと劣等感を感じますが、この劣等感こそが人間のパワーになると考えたのです。

アドラーは劣等感を抱く際に、「自分はやれば出来る」と言う「勇気づけ」の重要性を説いています。

つまり、人と比べた時に感じる劣等感であきらめたりするのでなく、それを頑張る原動力に変えることが大切だと考えたのです。

人と比較することは良い?悪い?

人と比較したり競争することは、果たして良い事なのでしょうか?それとも悪いことなのでしょうか?

結論から申しますと、良くもあり悪くもありです。

なぜなら、物事には常に両面がありますから、人と比較したり競争することにおいても、どちらの考え方が正しい間違いといった答えはないと言えるのです。

私はメンターから、中高年が努力や根性で若い人と競争してはいけないと学んでいます。

一見すると努力や根性、競争を否定しているようにも取れますが、メンターは努力や根性や競争自体を否定している訳ではありません。

努力や根性勝負で競争して成功できる人もいますし、それが出来る人は、むしろどんどん頑張れば良いのです。

ただ、中高年は体力も気力も能力も次第に衰えてきます。

現に努力や根性で人と比較しながら競争社会を生き抜いて来た結果、40~50歳を過ぎた頃になって体調を崩したり、うつ病になったりする人が増えています。

ですからメンターはそんな中高年に向かって、努力や根性で頑張るといった昭和マインドで、いずれ健康を害して病気になってしまうと警鐘をならし、マインドをチェンジして思考力で勝負することを教えているのです。

人と比較することで、それがモチベーションに変換できる人であれば、人との比較もまた有りなのかも知れません。

しかし、私のようにうつ病を発症して、一度競争社会から脱落した者にとっては、競争や人との比較はモチベーションにはなりませんので、比較しない生き方を選択するほうが望ましいと言えるのです。

この世の全てには両面があることを理解すれば、どちらを選択するのが良いかは、自分で選ぶことが出来ますし、自分で選んだ選択が正解だと言うことなのです。

特に思考が凝り固まっている中高年は、物事を一面だけ見て決めつけるのではなく、多方面から見ると言った柔軟な思考を手に入れなければ、これからの時代を乗り越えていくことは難しくなっていきます。

長年蓄積した昭和マインドを書き換えるのは、一筋縄ではいきません。

私自身が身をもって体験していますので、そう断言できます。

厳しい変化の時代を生きるために、10年以上実績を上げている真の成功者のマインドセットを学びましょう。

学びを通じて心豊かな魂の時代へ!

物質へ豊かさを求めた時代が終わり、心豊な人が輝ける「魂の時代」と呼ばれる時代へ向かっています。

私は「心豊かな魂の時代」を迎えるために、マインドセットを核とした松田豊さんの教材で学んでいます。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
マインドチェンジプログラム

松田豊公式ホームページ【松田豊の教材リスト】

また、教材の他にもメルマガや無料で学べる松田塾などのコンテンツでも学ぶことが出来ます。

そして、毎月配信される特別教材(月額3,800円)は、松田さんのメンターである「ひまわりさんの教え」で、他では聞けないとても貴重な精神を学べる配信です。

私が最も信頼しているメンターは松田豊さんです。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
松田豊公式ホームページ

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

コメントを残す