心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!それは自己責任の時代!松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

マインドセット 自己啓発

譲歩的依頼法という心理テクニックに惑わされないために

更新日:

時代は今「心の時代」へと移行しています。

心豊な人が輝ける「魂の時代」と呼ばれる時代です。

心の豊かな時代を迎えるために、私はマインドセットを核とした松田豊さんの教材で学んでいます。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
マインドチェンジプログラム

また、教材の他にも毎日配信されるメルマガや無料で学べる松田塾などのコンテンツでも学ぶことが出来ます。

そして、毎月配信される特別教材(月額3,800円)は、松田さんのメンターである「ひまわりさんの教え」で、他では聞けないとても貴重な配信です。

私が最も信頼しているメンターは松田豊さんです。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
松田豊公式ホームページ

譲歩的依頼法とは

以前に段階的依頼法について解説していますが、今回は譲歩的依頼法についてです。

譲歩的依頼法とは、大きな要求を先にして断らせ、小さな要求を承諾させるという営業スキルですが、この手法もビジネスによく応用されますので、覚えておくと役に立つと思います。

関連記事
↓↓↓
正直者が騙される段階的依頼法の心理テクニックとは?

基本的には悪用せずに正しく活用すれば、ビジネスでも大きな成果を上げることが出来ます。

ビジネス全般に使えますので、当然独りで稼ぐという分野でも活用できます。

譲歩的依頼法を例を挙げて説明します。

例えば、私が会社員だとして取引先と新しい商品の単価交渉をするとします。

私:「この商品は1個3,000円で仕入れていただけますか?」

取引先:「3,000円はちょっと無理ですよ」

私:「本当ですか?貴社なら付き合いも長いし、きっとお願いできると期待していたのですが、残念ですねぇ~無理ですかぁ?・・」は〜(溜息)うーん(溜息)

取引先:「・・・・・」

私:「分かりました仕方ありません、では2,700円で、何とかお願いします。」

取引先:「はぁ・・・それなら何とかやってみます。」

実は本当は会社としての利益は2,000円でも十分OKなのですが、プラス700円を上乗せしているのです。

最初に出した要求は、断られることを前提に、わざと大きな金額を提示しておき、それをこちらがさも妥協したかのように見せかけ、なるべく大きな要求を相手にのませているのです。

交渉などの時に、良く使われているビジネス心理学のテクニックです。

譲歩的依頼法を悪用する人たち

このテクニックを悪用する人もいることを知っておきましょう。

例えば、あなたが飲食店で接客サービスをしているとします。

お客様の注文を伺い飲み物を運んでいると、手が滑ってお客様の服を汚してしまいました。

あなたが「大変申し訳ございません。お洋服のクリーニング代金はこちらで負担させていただきますので。」

お客が次の瞬間こう言います。

「そうですか!実は、この服は特殊な加工しているので、普通のクリーニングは出来ないんですよ。」

「特殊なお店で専門スタッフがやるので、一回のクリーニングに20万円くらいかかるんですけどいいですかね?」

あなたは、まさかクリーニング代金が20万円もかかるとは、思っても見ませんでした。

あなたは「そうですか・・・・」と困っていると、次の瞬間にこう言います。

「仕方ないなぁ~!誰にも失敗はあるものだし、今回は5万円で何とか折り合いをつけるよ。」

するとあなたは、20万円が5万円になって助かったと思い、5万円のクリーニング代金がとても安く感じてしまうのです。

このような理不尽な人は、世の中に沢山います。

譲歩的依頼法の本質を見抜き、騙されないように学習しておきましょう。

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

-マインドセット, 自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.