心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!独りネットビジネス成功者の松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

マインドセット 自己啓発

不安という感情を脳科学の視点から考えてみました

投稿日:

近年では人間以外の動物にも実は感情があるという研究結果が色々出されているようです。

縁側で日向ぼっこをしているネコを見て「ネコは呑気でいいよなぁ~」と思っていても、実はネコはネコで色々不安に感じていることがあるのかも知れませんね?!

 

人間だけがいつも不安とは限らないのかも知れません。感情が人間特有の感情であると思っていることこそ人間のエゴかもしれませんね。

 

しかし人はどうしてこうも不安に感じるのでしょうか?

恐らく不安の全くない人はいないのではないでしょうか?

今回は不安という感情について、脳科学の視点から勉強してみたいと思います。とは言え特に脳科学に精通しておりませんし、特別深く勉強してもいないので専門的な解説はありませんが、その点はご理解を願います。

日本人は幸福度が低い

私達の祖先は、戦後の何もない日本を必死に頑張って、高い生活水準が出来る社会に成長させてきました。

こうした先人の努力には、本当に感謝しなくてはならないと思います。

 

著しく発展した日本経済もバブル崩壊後は緩やかに減退してるとは言え、まだまだ世界的に見れば収入や生活環境もかなり豊かな国だと言えます。

一方で幸福度というものを、これまで欧米で開発されてきた「人生満足感」 を尺度として見た場合に、日本人の幸福度は他国に比べてかなり低く出るそうなのです。

 

ただ、幸福度を定量化し数値にすること自体に、なんとも言えない抵抗感を感じる部分もあります。

幸せを数字で測定したり、他者と比較して図ることなど出来ないと感じるからです。

とは言え、科学者の間では一定の数値を使った幸福度を研究している方たちもいらっしゃるようで、学術的な詳しいくとは分かりませんが、研究結果から日本人の幸福度が低いという事実があると言うことは、それだけ不安に感じる気持ちが高いとも言えるのではないかと思うわけです。

 

不安・緊張に影響を与えるセロトニン

不安や緊張に影響するのは、脳に分泌されるセロトニンと言われる物質が影響していると言われています。

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつであり、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっている物質です。

人体には、このセロトニンが腸の中に90%あり、残りの大部分は血液にあります。

そして、その残りが脳に存在するそうですが、腸や血液にあるセロトニンは、脳にある血液脳関門という検問所のようなところでシャットアウトされるため、体内にある余ったセロトニンが脳に届くことはないそうです。

 

脳にセロトニンが出るときは、神経細胞のつなぎ目に放出されます。

この時セロトニントランスポーターというタンパク質が、放出時に余ったセロトニンを再度取り込みをして、また分泌しているのですが、このセロトニントランスポーターの数が人によって違うそうです。

そのセロトニントランスポーターの数が、多い人・少ない人・中ぐらいの人がいて、その数によって不安に感じる人とそうでない人に分かれているそうです。

 

セロトニントランスポーターの命令遺伝子は以下の通りで、その特徴を以下の通り解説します。

遺伝子L  セロトニンを多く作れと命令
遺伝子S  セロトニンを少なく作れと命令

 

遺伝子Sを2つもった組み合わせの人

不安を感じやすく、緊張しやすいそうです。

また、不公平感を感じやすい傾向もあり、「自分だけ損してないか?」「真面目にやっているのに、自分だけ損している」と思いがちな傾向があるようです。

 

遺伝子Lを2つもった組み合わせの人

不安を感じにいくく、緊張しにくいタイプ。

大勢の前で話しても緊張しない、人が多いとより気分が高揚して力を発揮できるようなタイプ。

ただし、やや楽観的すぎる傾向もあります。

 

遺伝子LとSをどっちも持っているミックス型の人

不安の程度も中程度で、遺伝子LとSを持つ人の特徴が中程度の様です。

日本人は、遺伝子Sを2つ持った組み合わせの人の比率が高いそうです。

つまり、不安に感じやすい人が、脳科学的に多いという事の裏付けになります。

 

男性脳・女性脳について

男性脳と女性脳は、男女で脳の回路の組み立てや、その働き方に違いがあると考えられていることから、それを区別するためについた呼び方です。

これについては、学術的には様々な議論があるようですが、ここでは詳しくは触れません。

今回参考にしている脳科学者の中野信子さんによると、セロトニンを作る能力は男性脳の方が、女性脳より1.5倍高いと言われているそうです。

これは、女性が子育てをするために、あまり楽観的だと子育てに支障が出るため、あえて危険を回避するたために、不安を重視するように寄せているのではないかと思われると言っています。

つまり、不安感は男性よりも女性の方が強く感じる傾向にあるようです。

女性が占いを信じやすい事や、頼りがいのある男性に魅かれるのも、そういった不安感が関係しているようです。

一方で、女性のほうが感情的であるとか、男性のほうが論理的だと言うような説がよく言われますが、これはまったく根拠がないうえ科学的に測定する尺度もないことから、扱うと儲かるタイプの擬似科学と言えるとしています。

まとめ

今回、脳科学の視点から不安というものを見て以下の事がわかりました。

  • 安心感を感じるためには、不安を感じるセロトニンという物質が大きく関係している。
  • 日本人にはこのセロトニントランスポーター遺伝子Sを2つもつ組み合わせの人の割合が高いため、不安に感じる人が多くいる。
  • セロトニンを作り出す機能等の関係から、女性の方が不安に感じやすい傾向にある。

私たち日本人が、不安に感じるのは様々な環境や歴史などもあり、脳だけでの問題ではないとは思います。

不安を感じることは人体や脳の構造上当たり前なんだと分かれば、不安に感じることはごく自然な生理現象であって、あまり悲観的に感じないようにすることも大切な捉え方ではないかと思います。

不安をマイナスイメージで捉えるのでなく、危険を事前に回避するための優れた能力として考えれば、決して不安も悪いものではないのかも知れません。

以上何かのご参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
BEN

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-マインドセット, 自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.