マインドセット 自己啓発

お金持ちが教えるお金のルールとお金の哲学

投稿日:

あなたはビジネスで成功したいですか?

 

成功してお金持ちになって、

自由な時間と豊かな暮らしを

手に入れたいですか?

 

おそらく、信仰心がよほど強く、

全く欲のない方以外は、

問いに対する答えは、

当然「イエス」でしょう。

 

だとしたら、

この記事を少しだけ読んでみてください。

 

あなたが、今現時点で、

なぜ成功できずに、お金持ちになれないか?

その答えがきっと見つかると思います。

 

成功者に必要な情報

今回の成功者の思考には、

元ネタがあります。

 

それは、あの有名な

「金持ち父さん・貧乏父さん」です。

 

日本では累計300万部、

世界の109ケ国で紹介され

全世界で3000万部を超える

大ヒット作品です。

 

この本は、一言で表現すれば、

お金のルールをまとめた、

お金の哲学のような本になります。

 

作者はアメリカの実際のお金持ちでもある

投資家で実業家の

ロバート・T.キヨサキさんです。

 

大変有名な本ですので、

実際に読んだことは無くても

タイトルだけでは聞いたことがある

そんな方も多いと思います。

 

恐怖の奴隷になってはいけない

殆どの人は、生きるためにお金を必要とします。

 

ですから、お金を稼ぐために、

仕事をしなければなりません。

 

つまり、お金のために生活している

ことになります。

 

お金があれば、いろんな物が買えますから

欲しいものを手に入れたときは、

とても幸福な気分になれます。

 

すると、その幸福を手にするため、

お金を稼ごうと、更に必死に働きます。

 

長時間働けば収入は増えます。

 

今以上にもっと暮らしが楽になると信じて、

ますます働きます。

 

そして、給料が増えると

今度はもっと快適な住まいを買って、

もっといい車を買います。

 

子供は将来大企業へ就職させるために、

学費が高くても有名な学校へ進学させます。

 

がんばって働いて、

給料が増えれば増えるほど、

どんどんお金が必要になります。

 

作者は、こうした労働者の状態を

まるで「ネズミが歯車で運動する様子」に例えて、

終わりのないラットレース

揶揄(やゆ)しています。

実は、働く労働者の殆どの人が、

このラットレースのパターンにハマっています。

 

恥ずかしながら、私も例外ではありません。

 

そして、40年ほど経過して、

自分がお金の奴隷になっていたことに

やっと気が付くのです。

 

貴重な人生と時間の使い方

特に中高年の方々は、

この現実に気が付かなければなりません。

 

努力や根性で、頑張って働くことを

やめなければなりません。

 

人生を捧げて、負債ばかりに投資することを

やめなければなりません。

 

そして、今からでも決して遅くないので、

お金について学ばなければなりません。

 

そして、資産を構築することに

貴重な残りの人生と時間を投資するべきなのです。

 

労働者の搾取の現実

分かりやすくマイホームとマイカーを

例に挙げて説明します。

 

私達の多くが勘違いしていますが、

マイホームやマイカーは、

一見すると資産のように思えますが、

実は、資産ではなく負債です。

 

しかし、現金一括で住宅や車を買って、

それを人に貸して、

借料を貰っているのであれば、

それは資産となります。

 

でも、そうでないのであれば、

間違いなくあなたの所有する住宅や車は、

負債となります。

 

世のため人のため、会社のためと言って、

そんな使命感をもって必死に働いて、

あなたは会社から給料をもらいます。

 

そして、やっと貯まったお金を頭金にして、

銀行で長期の35年ローンを組んで、

マイホームやマイカーを買います。

 

現実は、政府と銀行に毎月高い金利を支払い、

お金を奪われ続けるのです。

 

気が付いた時には、

あなたの財布の中身は空っぽです。

 

もうお分かりだと思います。

 

でも、何も考えずに毎日を何気に過ごしていると、

大損していることに気が付きません。

 

私達労働者は、貰えるお金が増えるほど、

奪われるお金も増えていたのです。

 

自分のためにお金をつかう(自己投資)

私達の多くは、お金を稼ぎたいと思い

懸命にお金を増やしては、

また大切なお金を奪い取られていたのです。

 

その事実に気が付いた人は、

副業からでもいいので、

自分で稼ぐ力を身に着けるべきです。

 

自己投資をして、

資産を増やす方法を学ぶのです。

 

実は会社を作ると、

結構な生活費を経費として計上できます。

 

個人で起業することは、

今は政府も推奨してることです。

 

お金に余裕が出来れば、銀行預金だけでなく

株式や債券などの金融商品を利用して、

お金を上手に増やしていくことを考えましょう。

 

資産管理には、大きなリスクを避けるために

分散投資やポートフォリオというような

ものもありますが、

現時点では必要ないと思いますので、

今回はこの説明は省きます。

 

要するに、何をしなくても

資産が資産を産んでくれる

不労所得を得る仕組みを

作るべきなのです。

 

そうした資産を増やし続ければ、

お金の不安のない生活が

送れるようになります。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

なぜ、これまで賢明に頑張ってきたのに

なぜ?

自分が全然お金が足りない状態なのか?

ご理解いただけたでしょうか?

 

これはある意味、巧妙に社会の中で

巧みに仕組まれた側面もあるので、

気が付かなくても、

仕方のない一面もあります。

 

真面目でコツコツと頑張ってきた人ほど、

実は、こういった状態に

陥っている人が多いのです。

 

インターネットが普及して、

いろんな事実が徐々に明るみになり、

気付き始めた人も増えています。

 

これからは、政府や銀行に利息を支払うだけの

そんな人生を終わらせましょう。

 

これからは、自分のために

大切なお金を使っていきましょう。

 

自分の資産を増やすことのためにも、

今後は自己投資をして学ぶことを

強くオススメします。

 

最後に、

第32代合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト夫人、

エレノア・ルーズベルトの言葉を贈ります。

 

あなたの心が正しいと思うことをしなさい。

どっちにしたって批判されるのですから。

Eleanor Roosevelt portrait 1933.jpg

画像引用:Wikipedia

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に初めて出会ったのは、2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &nbsp ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを申し込みましたが、残念ながら現在のところコンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えながら、 ...

3

  インターネット上には、自称成功者と名乗る人や、実績を伴わない人が、たくさん配信をしています。   私のメンターは、そのような詐欺師ではありません。 私自身がメンターの教材を全て ...

4

メンターは 「全員が全員成功できるとは限らない」 と良く言います。   むしろ 「殆どの方が継続できずに諦めてしまう」 と言っています。   では、なぜ殆どの人が成功できないのか? ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-マインドセット, 自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.