自己啓発

魂の時代の学び「五眼(ごげん)を知りともに学ぶ」

更新日:

 

仏教に「五眼(ごげん)」という言葉があります。

五つの眼とは次のものになります。

肉眼(にくげん)普通の人間が持つ眼

天眼(てんげん)遠い未来を見る天人が持つ眼

慧眼(えげん)二乗の人がもつ智慧の眼

法眼(ほうげん)菩薩が持つ真理を見る眼

仏眼(ぶつげん)全て兼ね備えたほとけの眼

 

私たちは普段、肉眼で物事を見ています。

次のようなお話は日常よくあると思います。

ある家庭で子供がテストを持ち帰りお母さんに見せました。

テストの点数は40点でした。

 

お母さんは「あら、40点しか取れなかったの?」と子供に言います。

実はこのテストは本当に難しく、クラスの平均点は20点でした。

子供は一生懸命頑張って、40点も取ったと思っているのに、お母さんの反応は全く違うものでした。

「のびた テストでお母さんにしかられる」の画像検索結果

肉眼とは欲望の眼で見ているということです。

この場合、自分の子供が成績の良い子供であって欲しいという欲望の眼です。

テストの背景は目に入らず、目の前の現実だけしか見ていません。

ですから肉眼では「40点しかとれない」と見えてしまうのです。

 

人の成長は人によって様々です。

ほんの少し未来を見る眼(天眼)があれば、「40点しか取れない」と見るのではなく「40点も取れた」と見るかも知れません。

そう見えれば、また違った形で子供と向き合えます。

「のびた テストでお母さんにしかられる」の画像検索結果

フランスの思想家のルソーは「この世に良く出来る子と出来ない子がいるのではない。」「学習の早い子と、遅い子がいるだけだ。」と言っています。

天眼で物事を見ていれば、このような考えになることが出来ます。

「フランスの思想家のルソー」の画像検索結果

仏眼で物事を見れるようになれば、とても素晴らしいことだと思います。

仏の眼で見れるようになると「40点取れた」という事実を子供と共に喜べるようになります。

そして、共に学んで次は50点を取ろうと学びます。

 

身の回りに起こる出来事を肉眼だけで見るのではなく、少し次元を上げて見ることで、違ったものが見えてくる。

出来れば仏眼で物事が見えるような人になりたい。

そのような人達と共に学び成長していきたいものです。

 

最後までお読みくださいまして、感謝申し上げます。

「 成長する」の画像検索結果

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に 初めて出会ったのは、 2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから 2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &n ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを 申し込みましたが、 残念ながら現在のところ コンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えな ...

3

  インターネット上には、 自称成功者と名乗る人や、 実績を伴わない人が、 たくさん配信をしています。   私のメンターは、 そのような詐欺師ではありません。   私自身 ...

4

私のメンターである松田豊さんは、 全員が全員成功できるとは限らない と良くおっしゃいます。   むしろ殆どの方が継続できずに 諦めてしまうと言っています。   では、なぜ殆どの人が ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.