自己啓発

魂の時代の学び「五眼(ごげん)を知りともに学ぶ」

投稿日:

 

仏教に「五眼(ごげん)」という言葉があります。

五つの眼とは次のものになります。

肉眼(にくげん)普通の人間が持つ眼

天眼(てんげん)遠い未来を見る天人が持つ眼

慧眼(えげん)二乗の人がもつ智慧の眼

法眼(ほうげん)菩薩が持つ真理を見る眼

仏眼(ぶつげん)全て兼ね備えたほとけの眼

 

私たちは普段、肉眼で物事を見ています。

次のようなお話は日常よくあると思います。

ある家庭で子供がテストを持ち帰りお母さんに見せました。

テストの点数は40点でした。

 

お母さんは「あら、40点しか取れなかったの?」と子供に言います。

実はこのテストは本当に難しく、クラスの平均点は20点でした。

子供は一生懸命頑張って、40点も取ったと思っているのに、お母さんの反応は全く違うものでした。

「のびた テストでお母さんにしかられる」の画像検索結果

肉眼とは欲望の眼で見ているということです。

この場合、自分の子供が成績の良い子供であって欲しいという欲望の眼です。

テストの背景は目に入らず、目の前の現実だけしか見ていません。

ですから肉眼では「40点しかとれない」と見えてしまうのです。

 

人の成長は人によって様々です。

ほんの少し未来を見る眼(天眼)があれば、「40点しか取れない」と見るのではなく「40点も取れた」と見るかも知れません。

そう見えれば、また違った形で子供と向き合えます。

「のびた テストでお母さんにしかられる」の画像検索結果

フランスの思想家のルソーは「この世に良く出来る子と出来ない子がいるのではない。」「学習の早い子と、遅い子がいるだけだ。」と言っています。

天眼で物事を見ていれば、このような考えになることが出来ます。

「フランスの思想家のルソー」の画像検索結果

仏眼で物事を見れるようになれば、とても素晴らしいことだと思います。

仏の眼で見れるようになると「40点取れた」という事実を子供と共に喜べるようになります。

そして、共に学んで次は50点を取ろうと学びます。

 

身の回りに起こる出来事を肉眼だけで見るのではなく、少し次元を上げて見ることで、違ったものが見えてくる。

出来れば仏眼で物事が見えるような人になりたい。

そのような人達と共に学び成長していきたいものです。

 

最後までお読みくださいまして、感謝申し上げます。

「 成長する」の画像検索結果

-自己啓発

執筆者:


コメントを残す

関連記事

99%が誤解している貧乏になる人とお金持ちになる人の違いとは?!

StockSnap / Pixabay 時代は今「心の時代」へと移行しています。 心豊な人が輝ける「魂の時代」と呼ばれる時代です。 そんな心の豊かな時代を迎えるために、 私はマインドセットを核とした松 …

成功するために必要な次世代型根性論【ミッドアルファ波】

Free-Photos / Pixabay 目次1 これまでの根性論2 次世代型根性論とは3 ミッドアルファ波状態を維持するには4 心豊かな「魂の時代」へ4.1 松田豊さんの教材リスト4.1.1 教材 …

魂の時代の学び「メンターである松田豊さんの配信を受けて思うこと」

  私がメンターとしている方は、 独りビジネスで成功を納め、13年以上会社を運営し マインドセットに特化した教材と配信をされている 松田豊さんという方です。 松田豊の公式ホームページ &nb …

魂の時代の学び「その不安が更なる不安を生み出している」

  目次1 最初の不安は何?2 不安が不安を増幅する3 不安が生み出すもの3.1 関連 最初の不安は何? あなたには不安はありますか? 誰しも大なり小なり、不安はありますよね。   …

魂の時代の学び「心が幸せになる偉人の言葉」

  誇り高いことは、高貴な情熱であり、自分の欠点にも気が付ける。 それに気が付かないとしたら高慢である。 (ドイツの物理学者 G・リヒテンベルク)   プライドだけは高い人・・・そ …

石川 勉

石川 勉

生れも育ちも四国は愛媛です。 50歳を過ぎて事業の失敗・借金・うつ病・離婚と人生のどん底を経験しました。 再起をかけて精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →