心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!独りネットビジネス成功者の松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

マインドセット 自己啓発

このマインドセットがあれば倒産のストレスから解放されます!

更新日:

時代は今「物の時代」から「心の時代」へと移行しています。

心豊な人が輝ける「魂の時代」とも呼ばれる時代です。

そんな心の豊かな時代を迎えるために、

私は今マインドセットを核とした松田豊さんの教材で学んでいます。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
マインドチェンジプログラム

また、教材だけでなく毎日配信されるメルマガや無料で学べる松田塾などのコンテンツでも学んでいます。

そして、毎月配信される特別教材(有料)松田さんのメンターである「ひまわりさんの教え」も、とても貴重な教材です。

私が最も信頼しメンターとする人は松田豊さんです。

今回は、このマインドセットがあれば倒産のストレスから解放されます!というお話をしてみたいと思います。

会社を潰す原因とは

昨今企業の倒産件数は減少しており、帝国データバンクの調査では2009年には年間1万3306件であった倒産件数が、2017年には年間8376件までに減っています。

数値の上では緩やかに成長し続けていると言われる日本経済ですが、身近にその成長を感じ取ることが出来ないのが現実ではないでしょうか?

さて、あなたは会社が倒産する一番の要因が何かをご存知でしょうか?

会社の運営を最初に圧迫する経費で、一番影響を与えるのが人件費です。

JAL日本航空の再建対策

2008年のリーマン・ショックの影響を受け経営が傾き、その後上場が廃止になり破綻、2012年9月に再建を果たして再上場したJAL日本航空のことは、まだ記憶にあるかと思います。

再建を果たすためにJALが取った対策は、社員1万5600人リストラという超大規模リストラや給料の大幅カットでした。

年金についても様々なやり取りがあった結果、最終的に現役50%、OB30%カットまで切り詰めました。

なりふり構わず努力した結果、2010年3月期(2009年4月~2010年3月)には1337億円の営業赤字だったJALは、2012年3月期(2011年4月~2012年3月)に2049億円の営業黒字を計上するなど、著しいV字回復を遂げています。

当時の再建対策の折には、社員にもそれぞれに家族があり、大手上場企業へ就職をして安心していた人もいたと思います。

何十年も先の将来設計を立てていた人もいたでしょう。

それでも、現実にリストラされます。

日本企業の現状

日本の経済に目を向ければ、、AI化やグローバル化、外資企業等が日本の企業を潰しています。

日本企業はグローバル社会の中での競争を余儀なくされていますが、元気がありません。

その差は楽天とアマゾンを見れば一目瞭然です。

経営者が自分の会社を守るために、まず手を付けるのが冷酷なリストラなのです。

苦しい選択ですが、これが出来ない会社から潰れて行くのが現実です。

現実はとても冷酷で残酷ですが、これがビジネスの現実です。

独りビジネスという選択

そんなストレスの多い企業経営ではありますが、独りビジネスという選択をする場合には、誰もリストラする心配はありません。

社員がいないから、リストラも減給も関係ありません。

ただ自分の給料を減らせば良いだけです。

リストラ断行は、とてもストレスの掛かる行為ですが、独りビジネスはその意味ではストレスフリーです。

社員を雇用することは、社員の家族の人生にも責任を持つという事にもつながります。

このプレッシャーは経験のある人には、お分かりいただけると思いますが、かなりの精神的重圧がのしかかるのです。

ですから独りビジネスであれば、「誰も雇わない」という事になりますから、それだけでかなり精神的安定を図れるのです。

これからの時代、一人一人が自分自身に責任を持つ時代です。

大きな組織から、個の時代へと移行しようとしています。

独りビジネスという選択を、是非考えてみてはどうでしょうか?

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
アバター

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-マインドセット, 自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.