自己啓発

人のものを盗むと犯罪ですが師の教えはどんどん盗むべきです

更新日:

「盗む」「パクる」とは、正に盗むと言う意味です。

人の物を盗むと犯罪です。

当たり前ですね。

 

例えばAさんが持っていない物で、懐中時計があったとします。

実は友達のBさんが、Aさんの欲しい懐中時計を持っていたとします。

AさんはBさんの持っている時計が欲しくてたまりません。

 

どうしたら手に入るか?色々調べたら、かなり貴重な上に結構高価なものらしく、なかなか手に入らない物だとわかります。

実はBさんはコツコツ苦労して貯金をし、知人に頼んでやっと手に入れた時計でした。

Aさんは、正当な方法では、なかなか手に入らないとわかると、手っ取り早く手に入れる方法として、パクる、盗むと言う行為に及んでしまうのです。

Aさんはお金もかけず苦労もなく、あっけなく懐中時計を手に入れました。

さて、Aさんはその時計を一生大切に出来るでしょうか?

 

もうおわかりですよね。

 

人の物を盗んで自分の物にしても、大事になど出来はしないのです。

 

自分の欲しい物は楽に手に入っても、大切には出来ないのです。

 

苦労を称賛するのではありません。

 

今の時代は昔と違って、苦労して汗水たらして手に入れる時代ではないからです。

でも、周りから見ればかなり苦労しているように見えることが、本人にしてみれば、別に苦労じゃないって話は良く聞きますよね?

 

それこそが、本当に欲しい物を求めている時の状態なのですね。

 

実は汗水たらしてやっているのですが、本人には自覚がない。

 

夢中だから気が付かない。だから手に入れてうれしくなるんじゃないでしょうか?

 

職人の技は、良く盗めと言いますが、この場合の盗めと先のお話の盗めとでは、また意味が違ってきます。

 

一時海外で、ブランド物の時計やバックのコピーが、結構頻繁に堂々と売買されていましたよね。

 

今でもたまにオークション等で絶対そうだろう?みたいな商品が出品されていたりしますけど、外から見て全く同じようにコピーしていますよね。

 

恐らく素人では見分けがつかないくらい精巧に出来ていますよね。

でも中身や材質が本物とは全く違うので、しばらくしたらガタがきてすぐ壊れるのが落ちでしょう。

 

職人が築き上げた技は、いくら見た目だけ真似ても盗めないという事です。

 

逆に言えば盗みたくなるほど、そのブランド品が素晴らしい物だということが言えますね。

 

良い悪いは別にして、コピーされるだけの価値があるということでしょうか。

 

さて物とは違って、人の教えを盗むと言うときは、師が語った言葉を一言一句間違えず変えずに、人に伝えるという事があります。

 

経典などがそうだと思いますが、これは盗んだとは言いませんね。

 

師の言葉を後世の人に伝え残していく。

 

これはこれで重要な役割がありますが、今回は、師の教えを盗むとは、どいう言う事か?

 

それは学んだことを自分の中に一旦取り込みます。

外へ出します。

検証し修正します。

また取り込みます。

出します。

見直します。

 

この繰り返しが盗むという事ではないでしょうか?

 

軸は変わりませんが、出てくる言葉や行動は、師とはまた違った独自の物になっているはずです。

 

それが人から技を盗むという事ではないでしょうか?

 

自分自身のオリジナルが加わることが重要だと思います。

 

ですから、コピー商品のように、見た目だけが全く同じものにはならないのです。

 

見た目も違えば、使い方も違う、でも中身や素材、機能は変わらない。

 

そういう事ではないでしょうか?

 

様々な教えがこの世の中にはありますが、恐らくは一つの山をどの道を登っていくか?の違いであって、目指す方向は皆同じような気がするのです。

 

皆がそれぞれの道を尊重し、助け合っていければ、もう少し住みやすい世の中になるような気がしてなりません。

 

私も今は学びの途中、登山の途中です。

 

まだまだ山頂は視界に入りませんが、師から学んだことを、人にコピーのように話すのではなく、ちゃんと自分の中に落とし込み理解し、見直しを繰り返しながら、やがては人の役に立てるものとして、また人に教えれるようになれればと思っています。

 

その為の学びが今日も続いていきます。

  • この記事を書いた人
BEN

BEN

50歳を目前に事業の失敗・借金・うつ病・離婚等の苦難を経験しました。 再起をかけ精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

-自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.