自己啓発

混沌とした今を生きるためのブッタの智慧

更新日:

時代の進化が、凄まじい勢いで加速しています。

みんな置いて行かれないように、必死に変化をしようとしています。

そんな日常が生きづらく感じる人も多くいるような気がします。

 

こんな混沌とした時代だからこそ、いま人の心が問われている様な気がします。

 

カオスな時代を生きるために、古の教えからのそのヒントを得たいと思います。

「生きる」とは単純

今から約2600年程前に、ブッダが悟りを開いたと言われています。

 

今は色々なものが、目まぐるしく進化を遂げていますが、人間というものは、2600年という年月を経てもあまり大きく変わっていないのかも知れません。

 

ブッダの教えが永遠と語り伝えられ、現代も変わらずにその教えが語られています。

 

これだけ社会が複雑多様化すると、私達は生きること自体をとても複雑に考えてしまいます。

しかし、ブッダは生きることは、とても単純だと言います。

歩き、座り、喋り、寝て、起きる。

その繰り返しをしているだけなんだと。

 

それ以外に、特別なことは何もないのだと言います。

この単純な生きるという事を認めないから、私達には苦しみが生まれるのです。

 

日常の複雑に見えるものは、その多くが人間が作り出したものであり、ある意味では妄想なのです。

 

もっと生きることを単純に考える方が、生きやすくなる気がします。

あるのは今この瞬間

生きることは、決して楽ではありません。

 

例えば、あなたが会社に入社します。

新人の時は何をするにも苦しいです。

中堅になればなったで、責任が増えて苦しいです。

ベテランになれば、後継者の育成に苦しみます。

そして、退職したら残りの人生をどう生きるか?老後をどう生きるかを考えるのが、苦しくなるのです。

 

立場が変われば、また新しい苦しみが生まれます。

 

年を重ね老いていくのが苦しい。

病気になって苦しい。

そして、誰しもが迎える死を思う時、人は必ず苦しみます。

 

結局のところ、生きることは苦しい事なのだと覚悟するしかありません。

 

その覚悟を決めたとき、「いま」という時に喜びや充実感を持てれば、生きているという意味を感じることができるのです。

苦しみの選択

生きることは、苦しいことです。

ですが、何かをやめることが苦しみから逃れる道ではありません。

 

例えば、いじめられるから学校に行くのが苦しい人が、苦しみから逃れるために「学校に行かない」というのが答えではありません。

学校に行かないことが、問題の根本ではないのです。

学校に行かなくても、いじめられる人は、家にいても同じ様に苦しいのです。

 

どのみち、人は必ず苦しみを抱え込むのです。

 

様々な苦しみの中から、自分にとって意味のある苦しみを選ぶべきです。

苦しみを乗り越えた先にあるもの・・・

今の苦しみを乗り越えれば、その先にはきっと楽な人生があると思ってみんな頑張ります。

 

では、実際はどうでしょう?

学生の頃は、毎日の勉強が大変で苦しい思いをしました。

社会に出たら、仕事が大変で人間関係にも大変な思いをして苦しみます。

勉強よりも仕事が苦しいことを実感します。

 

苦しみの先に、楽があると頑張ってきました。

しかし、苦しみの先には、更なる苦しみが待っていました。

過去にも未来にも、あるのは苦しみなのです。

 

楽しさが実感できるのは「いま」という瞬間だけです。

 

いまを楽しく生きなければ、これから先も決して楽しく生きられません。

だから、「いま」を楽しく生きることが大切なんです。

人生は障害を乗り越えるゲーム

人生はゲームと同じです。

 

ゲームの楽しさは、勝ち負けよりも、一つ一つの障害を乗り越えるその過程にあります。

この世に生を受けたときがゲームのスタートです。

すでにゲームは始まっています。

 

私も、これまでに色々な障害がありました。

今まさに障害の真っ只中の人もいるでしょう。

この障害をどうやって乗り越えるか?

これこそが人生のゲームの醍醐味です。

 

一度に乗り越えられない時もあります。

 

何度失敗しても、考えて工夫をして何度も何度も挑んでいくのが人生のゲームです。

 

参考書籍:「ブッダの教え一日一話」

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

オススメ記事

1

  私がメンターの情報配信に初めて出会ったのは、2018年1月末頃になります。   松田豊さんをメンターとして学び始めてから2019年9月現在で、1年半を経過しました。 &nbsp ...

2

  私は、メンターの直接コンサルを申し込みましたが、残念ながら現在のところコンサルを受けれてはいません。   なぜコンサルが受けれていないのか?   それらを考えながら、 ...

3

  インターネット上には、自称成功者と名乗る人や、実績を伴わない人が、たくさん配信をしています。   私のメンターは、そのような詐欺師ではありません。 私自身がメンターの教材を全て ...

4

メンターは 「全員が全員成功できるとは限らない」 と良く言います。   むしろ 「殆どの方が継続できずに諦めてしまう」 と言っています。   では、なぜ殆どの人が成功できないのか? ...

5

私が絶対的信頼を置いて学んでいるメンターは松田豊さんと言う方です。 2019年で15年以上法人経営を継続し、独りネットビジネスで成功している本物の成功者です。 2016年からは個人コンサルティングも開 ...

-自己啓発

Copyright© 心豊かな「魂の時代」へ! , 2019 All Rights Reserved.