心豊かな「魂の時代」へ!

魂の時代・個の時代の到来!それは自己責任の時代!松田豊さんから学んでいるマインドセットを中心に配信しています。

マインドセット 自己啓発

ランチェスターの法則を知り弱者の戦略で生きる

投稿日:2019年3月2日 更新日:

あなたはランチェスターの法則というものをご存知でしょうか?

私は独りネットビジネスの成功者である松田豊さんの教えを学んでいます。

松田豊さんは、ビジネス心理学なども詳しくわかりやすく教えてくださいます。

今回は、聞いただけではちょっと難しそうですが、ランチェスターの法則という弱者の戦略について学びましたのでお話してみたいと思います。

ランチェスターの法則【弱者の戦略を知る】

ランチェスターの法則とは、ランチェスターエンジン会社の創業者であるフレデリック・ランチェスターが発表した「競争の法則」という論文が元になっており、第一次世界大戦時における空軍力の重要性を説いたものです。

参考:Wikipedia フレデリック・ウィリアム・ランチェスター

日本では、マーケティングコンサルタントであった田岡 信夫(1927年-1984年)氏によって、ランチェスターの法則をもとにした販売戦略が提唱され、多くの企業がこの戦略により成果を上げたと言われています。

以下Wikipediaより抜粋しておりますが、ランチェスターの法則についてもっと詳しく知りたい方はWikipediaにてご参照ください。

ランチェスターの法則ランチェスターのほうそく、Lanchester’s laws)は戦争における戦闘員の減少度合いを数理モデルにもとづいて記述した法則。一次法則二次法則があり、前者は剣や弓矢で戦う古典的な戦闘に関する法則、後者は小銃マシンガンといった兵器を利用した近代戦を記述する法則である佐藤84(p72-74)

これらの法則は。この論文は今日でいうオペレーションズ・リサーチの嚆矢となった。

引用:Wikipediaランチェスターの法則

今回お伝えしたいことは、このランチェスターの法則を詳しく理解することではありません。

知っているに越したことはありませんが、私も解説を読んでみましたが、難しすぎて途中で頭が痛くなってきました。(苦笑)

以下に知っておいた方が良いと思われる事柄だけ、抜粋しておきます。

マーケティング弱者戦略(Wikipediaより抜粋)

マーケティング戦略においては、一つの特殊な分野に特化することで、そこまで手を回す余裕のない大企業の隙(ニッチ市場)を突いてのし上がれる。

一般化して述べれば、弱者のとるべき戦略は差別化戦略で、敵より性能のよい武器を持ち、狭い戦場で、一対一で戦い、接近戦を行い、力を一点に集中させることである。

ただし、「武器性能の向上」「各個撃破」は、マーケティング戦略では「ひとつの分野に集中する」ことに相当するが、「第1法則を適用できる戦場で戦う」ということがマーケティング戦略において具体的に何を指すのかは、難しい所であろう。

引用:Wikipediaランチェスターの法則

自分が弱者であることを自覚出来れば成功できる

メンターは「一人で稼ぐと言う分野では、学歴など何も役に立たない。」と言います。

むしろ邪魔になると言い切っています。

なぜなら、メンター自身が高卒ですが、その高校もほとんど不登校でロクに通っておらず、それでも10年以上継続して事業を展開し、現に成功することが出来ているからです。

自分は高校もロクに行かなかった人間だから、高学歴の強者とはあえて戦わなかったと言います。

自分が弱者であることを認めて、自覚すれば違う戦略で戦うことが出来るのです。

メンターはこれまでに100名を超えるコンサル生を指導されていますが、自分が弱者だと自覚出来ていない人ほど成功できないと言っています。

決して全員がそうというわけではありませんが、変に学歴が高かったり、特殊な資格を持っていたりする人が結構厄介だそうです。

そういった方々は、何か態度が横柄で謙虚さがなく、素直に聞き入れずに論破しようとしたりするそうです。

結局そういう方々に限って、素直に吸収しようとしないので、我流に走り無駄な知識を取り入れて、結局成功できないで消えていくのでしょう。

今現実に成功できていない方は、まずは自分が弱者であることを自覚することから始めましょう。

インターネットビジネスに関しては、何も知らない無知な人間であることを認めなければ、今から強者と無理に戦っても絶対に勝ち目はありません。

同じ土俵に上がらずに、弱者の戦略で生きる必要があります。

弱者の戦略とは?

では?弱者の戦略とは一体何でしょうか?

メンター曰く、強者は数字に強いので数字で戦うそうです。

ですから、弱者は数字ではなく、エネルギーで戦うのです。

弱者の戦略では、数字の知識は小・中学生レベルであれば十分だと言います。

エネルギーを高めて、波動を上げて富を引き寄せることが大切なのです。

エネルギーとか波動と聞いて、「怪しい、胡散臭い」と思われましたか?

そう思われる方は、どうぞ強者と同じ土俵で戦い続けてください。

私は、何を言われても、自分が弱者であることを素直に受け入れて、メンターと自分を信じて弱者の戦略で戦います。

そのために、いまコツコツとその知恵を学び続けているのです。

-マインドセット, 自己啓発

執筆者:


コメントを残す

関連記事

魂の時代の学び「幸せになるための唯一の方法」

目次1 あなたのメンターは幸せになる方法を教えてくれましたか?2 あなたは、どんなときに幸せだと感じましたか?3 自分の外側を求めても幸せにはなれない4 幸せになる唯一の方法に気が付こう4.1 関連 …

魂の時代の学び「ネットビジネスで必要不可欠なマインドセット」

目次1 マインドセットをきちんと整える2 メンターに教えてもらって、きちんと学ぶ2.1 関連 マインドセットをきちんと整える ネットビジネスに参入するときに、一番注意が必要なことは、 精神をきちんと整 …

成功したければサンクコストの呪縛を取り払わなければならない

froehlich-gera / Pixabay 時代は今「心の時代」へと移行しています。 心豊な人が輝ける「魂の時代」と呼ばれる時代です。 心の豊かな時代を迎えるために、私はいまマインドセットを核と …

魂の時代の学び「メンターである松田豊さんの配信を受けて思うこと」

  私がメンターとしている方は、 独りビジネスで成功を納め、13年以上会社を運営し マインドセットに特化した教材と配信をされている 松田豊さんという方です。 松田豊の公式ホームページ &nb …

個の時代の基本的な考え方と必要なマインドセット

mhouge / Pixabay 目次1 個の時代に必要なマインドセット2 個の時代の基本的な考え方3 自己責任の時代4 まとめ4.1 関連 個の時代に必要なマインドセット 時代はいま団体や組織の時代 …

プロフィール

石川 勉

石川 勉

生れも育ちも四国は愛媛です。 50歳を過ぎて事業の失敗・借金・うつ病・離婚と人生のどん底を経験しました。 再起をかけて精神的・経済的成功を目指すため、マインドセットを学んでいます。 配信情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

検索

カテゴリー

アーカイブ