初心者向けにWordPressを解説します(固定ページの作成)

初心者向けにWordPressを解説します(固定ページの作成)

 

 

固定ページは、主にWEBサイトに欠かせない「店舗情報」や「会社概要」といったブログの記事ではない、普通のWEBページを作成するときに使います。

見本ページを削除する。

新しい固定ページを作成する前に、見本として作成されているサンプルページを削除します。

①管理画面<ダッシュボード>⇒<固定ページ>⇒<固定ページ一覧>クリック

②タイトルの左にあるチェックボックスをクリック

③<一括操作>⇒<ゴミ箱へ移動>を選択

④<適用>クリック

選択した記事は全て削除されます。

固定ページを作成する。

固定ページを作成してみましょう。

WEBサイトのコンセプトを紹介する「Concept」というページを作成します。

①管理画面<ダッシュボード>⇒<固定ページ>⇒<新規追加>クリック

②タイトル入力欄にページのタイトルを入力

③タイトルを入力すると、自動的にパーマリンクが表示されます。

 

※ページタイトルを日本語で入力した場合、パーマリンクも日本語で表示されます。

特に問題はありませんが、エンコードされると、日本語は長いURLになって分かりにくいので、半角英数字でページ内容がわかるものにする方がよいでしょう。

パーマリンク表示の右横の<編集>ボタンをクリックし、任意のパーマリンクを入力後<OK>クリックすれば変更できます。

 

④ここでは本文は未入力のまま<公開>をクリックします。

 

同様の手順で、Menu、News、Access、Contact、という固定ページを作成します。

AccessページにGoogleマップを埋め込む

作成した固定ページを編集します。

Accessページに所在地をGoogleマップで掲載します。

Googleマップを開きます。https://www.google.co.jp/maps

 

①掲載したい住所を検索フォームに入力する。

②所在地の地図を表示したら検索フォームの左にある<三>をクリック

 

Googleマップのメニュー表示で、<地図を共有または埋め込む>をクリック

 

③ウィンドウが表示されたら、<地図を埋め込む>タブをクリック

④左上にあるサイズを<大>に変更

⑤埋め込みコードをコピーする。

 

WordPressの管理画面に戻ります。

⑥<ダッシュボード>⇒<固定ページ>⇒<固定ページ一覧>クリック

⑦<Access>にマウスポインターを合わせます。

⑧<編集>をクリック

 

⑨<テキスト>タブをクリックして、投稿エディタをテキストモードにする。

⑩Googleマップでコピーした埋め込みコードを貼り付ける。

⑪<更新>クリック

 

Googleマップが表示されているか更新してページを確認する。

 

あとは管理画面に戻り、地図に必要な情報を追記して完成させます。

 

以上が固定ページの作成方法です。

使い方によっては、色々なページとして使えます。

プロフィールやサイト運営の趣旨や、運営者情報なども、この固定ページを使うと便利です。

工夫次第でいろいろ使えますので、是非覚えて使ってみましょう。